2016-01-06 02:51 | カテゴリ:健康生活つれづれ

林修の今でしょ!講座でインフルエンザについてやっていました。


インフルエンザへの知識はいい感じでつきますが

最終的に見終わって思ったことは

「なんかどれもイマイチだったな」

と思うということです。




梅干がインフルエンザにいいと言っても梅干しは食べない

林修の今でしょ!講座でインフルエンザウイルスを

梅干しのポリフェノールが増殖を抑えるとやっていたんです。


梅干しとか食べないから!!



いや百歩譲って梅干しを食べるようにしたとしても

どうせ質のいい梅干しではないといけないんでしょ?


コンビニの弁当なんかに入っている、カリカリの梅干しとか食べても

たぶん効果はないでしょ。


だから、結構本格的な梅干しを食べているって人は少ないと思うんですよね。

梅味のお菓子とかなら、食べる人も多いと思うんです。

でも梅干しとなるとちょっときついよなぁ。




しいたけを食べるとか、料理しないと厳しい

他にはしいたけがビタミンDを配合していておすすめってやっていたのですが

「しいたけ食べろ」

といわれても、料理に入れたりしないと

そのまましいたけをかぶりついたりする人はほとんどいないと思うんです。



そしてビタミンDの摂取がインフルエンザ予防になるというのなら

「しいたけではなくてもいいじゃん!!」

って思います。


ビタミンDを配合したものなら、なんでもインフルエンザ予防になるということになります。

肝油ドロップでもOKだと思いますよ。

肝油ドロップ

肝油ドロップ

肝油ドロップはビタミンAとビタミンDを配合したビタミン薬ですから。


なんでビタミンDの摂取にしいたけの名前をだしたのかは知りませんが

いわしのみりん干しとか食べたほうがいいのでは?

まぁ馴染みがないから、しいたけって言ったのかな。


というかビタミンDの摂取はいわしがいいみたいですね。

大量のビタミンDを配合しているようです。

肝油ドロップを食べ過ぎると、ビタミンAの過剰摂取になるので

いわしのみりん干しがおすすめです。



なんか食べたくなってくるな。

普段まったく食べないものを、たまに食べるとびっくりするほどおいしいですよね。


逆に毎日同じものを食べていると、やっぱり飽きてくるので人間不思議です。

どんなに好物だったとしても、毎日食べていたら飽きますからね。

そりゃ飽食の時代になるわ。




インフルエンザ予防の基本は免疫力をあげ、ウイルスを体内に入れない

インフルエンザ予防の基本は、免疫力を向上させ

ウイルスを体内に入れないことだと思います。


常識なんですよね。

ダイエットはどうすれば成功するのかといえば

運動をしてカロリーを使い、食べる量を減らすことだと思います。

単純なんです。


インフルエンザ予防もダイエットも基本的なことは似たり寄ったりです。

でも、難しく考えたりするからうまくいかない人が多い。


まぁインフルエンザというのは運要素もあると思います。

かかってしまう人はかかってしまうんですけど。

だからどんなにがんばっても、100%インフルエンザを回避する方法はないかと。


そもそも人間の健康で、絶対に病気にならない方法なんてありませんから。

だから健康に関わる職業って需要があったりするわけですよねぇ。

なのに、健康についての知識をつけている人は少ないという…。



2015-12-31 15:19 | カテゴリ:乳酸菌

インフルエンザが流行する季節となりました。

学生にとっては

「学級閉鎖になるかも」

とわくわくする季節です。

自分はそうでしたね。


自分はインフルエンザにかかった経験はない気がします。

一時期ひどい風邪をひいて死にそうになったことはありましたけど。

世界がぐるんぐるんまわっていました。


ほんとイオンで死にそうになって、早く帰りたいと言ったのですが

親がゲームセンターにはまってなかなか帰れず

あの時は倒れそうになりました。


自分を家に帰して、親は再びイオンのゲームセンターに行っていたような。

まぁそんなことはどうでもいいんです。

今回はインフルエンザについてです。




なぜR-1ヨーグルトやヤクルトがインフルエンザに効果があるのか?

R-1ヨーグルトやヤクルトはインフルエンザ予防にいいとされています。

R-1ヨーグルト

ヤクルト

これがなぜかというと

そういう研究結果が発表されているから!

で納得する人もいると思うんです。


でも、それでは納得しない人も一部にいるかと思います。

そもそも研究結果がでているから効果があるというのなら

いろいろと研究したもの勝ちになり

研究をしないものは、効果が低いということになります。

それはおかしいです。


R-1ヨーグルトやヤクルトがインフルエンザに効果があるのは

乳酸菌の効果ですね。

乳酸菌が腸内環境を整えて免疫力を高めるわけです。


つまり、乳酸菌とかぶっちゃけどうでもよくて

免疫力を高めれば、なんでもインフルエンザ対策になるんです。


R-1ヨーグルトやヤクルトは免疫力を高める効果が高い乳酸菌を配合しています。

R-1ヨーグルトには1073R-1乳酸菌

ヤクルトには乳酸菌シロタ株ですね。




R-1ヨーグルトやヤクルトでインフルエンザ対策をするメリット

R-1ヨーグルトやヤクルトでインフルエンザ対策をするメリットはどこにあるか?

マスクをつけて、ウイルスを体内に入れない対策と比較すると

R-1ヨーグルトを食べたりヤクルトを飲むというのは

インフルエンザ以外にも、健康にいい点があります。


一方のマスクをつけるのは、マスクをつけたとしても

別に健康にいいことをしているわけではないです。

マイナス要素をシャットダウンしようとしている対策になります。


R-1ヨーグルトやヤクルトを食べるのは、健康にいいことです。

健康に興味がない人は、魅力的に感じないかもしれません。


でも健康ではなかったら世の中ほとんどできませんから。

不健康を体験していない人ほど、健康を軽視していますけど

人間健康に生きているのなら、恵まれていると思わないと!


不健康だったら、なにもできないというか

生きているのもつらいですから。


不健康にならないために、R-1ヨーグルトやヤクルトを食べたり飲んだりすると思えば

これらのヨーグルト対策にも魅力を感じるかと。




やる価値はあるのか?

自分はヨーグルトを毎日食っています。

「やる価値があるの?」

とか思うのなら、やらないほうがいいかと。


人間ご飯を食べるときに

「このご飯を食べる価値があるの?」

とかいちいち思わないと思うんです。


R-1ヨーグルトやヤクルトでのインフルエンザ対策に

価値を求めるのなら、やらないほうがいいと思います。

別にだれがなにをしようと、ぶっちゃけ自分は知ったこっちゃないですし。


R-1ヨーグルトやヤクルトを食べていたとしても

インフルエンザにかかることもあります。

別にR-1ヨーグルトやヤクルトを毎日食べたり飲む必要はないですから。


やりたいやつだけやりゃーいいんです。

健康に気をつかえるのは自分自身です。

大人になっても、誰かに自分の健康を気を使ってもらおうと思っていたら

痛い目をみることになりますよ。


自分の体を守ることができるのは自分自身だけです。

自分はそれに気づくのが遅れて、体がボロボロだよ!


2014-02-16 22:36 | カテゴリ:乳酸菌

インフルエンザが最近流行しているということで

インフルエンザに効果があると2年ぐらい前にブームを起こした

R-1ヨーグルト

について考えてみます。

R-1ヨーグルト

これはR-1ヨーグルトに配合されている

1073R-1乳酸菌がインフルエンザに効果があるという研究結果がでていて

まぁそのぐらいのことなら、他にもインフルエンザにいいとされている乳酸菌は

他にもあるので、ブームを起こすことはないんですが

当時はこのR-1ヨーグルトがテレビで紹介されたことがきっかけで

ブームを起こしたんですよね。


R-1ヨーグルトを学校の児童に食べさせたら

インフルエンザを防止したとか、そんなことがやっていたんですが

これ思うんですけど

R-1ヨーグルトの効果ってどうやって判断するの?


別にR-1ヨーグルトに限った話ではなくて

すべてのインフルエンザ対策って、どうやって効果を判断するのか

よくわからないです。


結局インフルエンザというものは

かかるか、かからないのかの2択

かるいインフルエンザというのは、ほとんど聞かないわけで

結果論になってしまうところがあるように感じます。


インフルエンザによいという研究結果は意味がわかります。

マウスを使っての実験で、インフルエンザウイルスに感染させた後に

1073R-1乳酸菌を摂取させるわけですから。


でもインフルエンザ対策というのは

最終的にインフルエンザにかかるのかかからないのかの差であって

インフルエンザ対策をしなくても、インフルエンザにかからない人もいれば

インフルエンザ対策をしていたのに、インフルエンザにかかる人もいるわけで

テレビで紹介されていた、とある学校の児童が

R-1ヨーグルトを食べなくてもインフルエンザにかからなかった可能性もあるわけで

インフルエンザにいいのかどうかの判断というのは

結局自分では判断できないものだと思うんですよね。


インフルエンザが流行したといっても

インフルエンザにかかる人と、かからない人では

インフルエンザにかからない人のほうが多い

ですよね。


いや、別に健康にいいことを否定しているわけでもないですし

R-1ヨーグルトを認めていないわけでもないです。

むしろ乳酸菌の効果というのは、腸を健康にして

免疫力を高めるという点で、かなり理にかなっていると自分は思っています。


でもインフルエンザ対策というのは

マスクや手洗いうがいなんかもありますが

マスクをしていたらウイルスを吸い込まないとか

そういうものは目にみえないわけで

精神的なところによるものが大きいんじゃないかと思います。


まぁそんなことをいったら乳酸菌だって

目に見えないものなので、精神的なものが大きいといえるのでしょうけどね。



  健康にいいことはすべきだな!
やる夫基本ズバリ言う



話が変わりますけど、健康に関する対策というものは

アンチ的見解の人もでてくるもの

です。


R-1乳酸菌がインフルエンザにいいというのを

否定的に考える人もいますよね。

こういうものはブームになればなるほど

そういうものに否定的に考える人がでてくるように思います。


でも、健康にいいことをするというのは

インフルエンザ関係なしにいいことであって

健康を軽視するようになると、後々泣きをみるように思います。


健康な人と、健康ではない人なら

ほとんどの人が健康であり、そういう人が特別になにかしているわけでもないでしょう。

だから、どうしても健康というものを軽視する人がいて

そこから「○○は効果がない」といって否定する人もでてくるのでしょう。


でも健康にいいことを続けるというのは

大事なことだと思います。

だから、インフルエンザとかそういう特定の効果を求めて

健康にいい製品を購入するより

もっと普段から健康にいいものを購入する癖をつけておくべきだと思いますね。


おそらくそういう

一時的に「効果がある」といわれている製品に飛びつく人に嫌悪感

を感じるから、健康にいいと話題になる製品を

否定的に考える人もいるのだと思います。


でも冷静に考えれば、健康にいいものは

購入して損はないと思いますね。

よくわからないメーカーのサプリメントなんかは少し心配ですが。