2015-07-05 21:26 | カテゴリ:管理人の体調関連

自分は昔はヨーグルトを食べたり

ジョギングをするなんていうことはしていませんでした。


でも、体調を崩して

腸の状態をよくするためにヨーグルトを食べ

運動不足にならないためにジョギングをするようになりました。


でもこんなの、このブログを見ている人にも

今からでもできることなんです。


つまりやるのかやらないのかは自由であって

その自由がある分、人間は幸せだと思います。


結局やるもやらないのも、本人の自由であって

むしろ自由というのは

なにをするのかの選択肢がある

ということだと思いますね。


「好きなことができる」

というと、自由というのはつまらないものだと思います。

自由というのは、なにかをなしとげるというかな

本人がやりたいことが続けられるといったほうがいいのかもしれません。


まぁ人や環境によっては、自由がないこともありますけどね。

自分が学校が嫌いなのは、そういう規則みたいなものがあったからなのかもしれません。

まぁそのぐらいの規則がないと、自分は毎朝遅刻だったでしょうからね。

規則というのは大事なものだと思いますね。


ただ、自由になると自分で規則みたいなものをつくらないといけない点で

いろいろとめんどうですね。

別につくらなくてもいいのですが

そうなると、堕落しますから。

いや、別に堕落してもいいんですけど。



2014-02-10 23:03 | カテゴリ:花粉症全般

ヨーグルトでの花粉症対策というのは

乳酸菌で腸内環境をよくして

その結果免疫力を高めて、花粉を吸い込んでも

免疫バランスを崩させないようにするものです。

ヨーグルト

なのでヨーグルトでなくてもいいんです。

免疫力を高めればいい話なんです。


免疫力を高めれば花粉症の症状がでなくなるのかどうかは知りませんが

アレルギーなんていうものは、治す確実な方法がないわけで

それなら免疫力を高めるという、健康にいいことをするのは

最低限のことだと思います。


なので、いくらヨーグルトを食べて乳酸菌を摂取したとしても

不規則な生活をしていれば、免疫力は落ちますから

沢山ヨーグルトを食べて、乳酸菌を大量摂取しても

花粉症の症状がひどくなる人もいると思います。


もうなんども言っていますけど

花粉症の症状だけをどうにかしたい

というのなら、花粉飛沫が飛ぶ季節だけ花粉症の薬でも飲んでいればいいと思います。


でも根本的に花粉症の症状をどうにかしたいというのなら

免疫力を高める以外にできることってあるのでしょうか?


つまり花粉症をどうにかするためには

・花粉自体を吸い込まないようにする

・花粉を吸い込んでも免疫バランスを崩れないようにする

・薬


大きく分けてこういった方法があるわけですね。


花粉症対策が最近はいろいろでてきたりするのは

免疫力を高める方法は沢山ある

からだと思います。

規則正しい生活をするだけでも免疫力は向上しますからね。


【花粉症関連記事はこちら】

LG21乳酸菌はピロリ菌対策に効果があるのであって、花粉症やインフルエンザは別の話だぞ


なので、花粉症にいい乳酸菌とかあったりして

自分もそういうものに詳しかったりするんですが

大事なのは花粉症に効果が強い乳酸菌を摂取することではなくて

免疫力を向上させること

です。


べにふうきは即効性がある

なんてことをいう人もいますけど

即効性があるのなら、それは薬に近いものだと思います。

人間の体の調子を整えるためには時間がかかります。

べにふうき

たしかにべにふうきを飲むと、一時的に鼻通りがよくなる気がしますが

それならのど飴を舐めていても同じ効果を実感できますよね。


のど飴が花粉症対策というのかといったら

ちょっと違うような気がしないでもないですよね。


つまり即効性があるというものは

花粉症の症状を一時的に楽にするものであって

根本的に花粉症の症状をどうにかしたいのなら

免疫力を高めて、花粉が体の中に入っても

免疫バランスが過剰に崩れたりしないようにするのが重要というわけですね。


ヨーグルトに配合されている乳酸菌は

免疫力を高める1つの方法というわけなんです。



2014-02-01 19:10 | カテゴリ:花粉症全般

花粉症にヨーグルトがいいとされていますが

もちろんこれは個人差があったり

すぐに効果がでるものでもないので

人それぞれ効果がでるのかどうかは変わってくると思います。

ヨーグルト

そもそもヨーグルトが花粉症に効果があるわけではなく

ヨーグルトに配合されている乳酸菌が

人間の腸内環境を整えるわけであって

腸内環境を整えることで免疫力が向上して

花粉が体内に入っても、免疫バランスがくずれないですみ

鼻水やくしゃみといった症状が軽減できる
わけです。


結局人間の体なんですよ。

花粉症の症状を抑えたいのなら、そうとう強いものを飲まないといけません。

薬なんかがそうですね。


ヨーグルトでの花粉症対策のメリットというのは

安全性が高い

という点です。

そもそもヨーグルトは花粉症対策のために存在しているわけでもなく

1年をとおして、それなりに購入されるものです。


だからヨーグルトで花粉症対策をするのなら

ヨーグルトが好きなのが前提だと思いますね。

ヨーグルトはどちらかと嫌いだという人は

ヨーグルトをわざわざ食べる必要もないと思います。


人間好きなものだけ食べたほうが

案外ストレスがたまらず、体調も好調を保てるかもしれません。

好きなものを食べたとしても、違ったことでストレスを感じる人もいるのでしょうけど。


【花粉症関連記事はこちら】

花粉症に効果があるとされているべにふうきを紹介します!


もうなんども言っていますけど

男だったら、病院にいって薬でも飲んでればいいと思います。

男だったら「別に副作用でてもいいや」みたいな人が多いと思いますから。


でも女性や子供になると、体に優しい花粉症対策をしたいという人も多いでしょう。

だからこういうべにふうきやらヨーグルトといった花粉症対策が

人気になるのだと思いますね。


花粉症への効果だけにこだわるのなら

病院にいって、薬を処方してもらうのが一番だと思いますし

病院だって、この時期が病院が花粉症で流行る時期だと

それなりに準備しているところはあると思います。


ただ、まぁ病院にもいろいろあって

簡単に薬を処方する医者もいれば

免疫力をあげて、根本的な原因を改善しようとする医者もいるわけで

どちらのほうがいい医者なんていうことは

だれにもいえませんよね。


人によっては、「薬をさっさとくれ」という人もいるでしょうし

「もう花粉症に悩まされる体をどうにかしたい」という

根本的な治療を望む人だっていると思いますから。

でも、病院の多くは、薬を処方しておしまいみたいなところが多いように感じます。

医者もそんな患者の1人1人に長い時間かまっていられませんでしょうからね。


医者なんてそんなものですよ。

むしろ1人1人にていねいに診察していたら

時間が足りないと思いますよ。