2016-08-23 23:36 | カテゴリ:その他もろもろ
「伊集院光、最近ラジオでつまらないなぁ」

なんて、甲子園ネタを話していて思ったんですけど。


甲子園ネタの前に、レスリングネタを話していて

「モンゴル人の抗議がすごかった」

みたいなことを言っていたので、その動画を探してみました。


それがこちら。







伊集院光、おもしろいじゃん!!

自分はこの試合知らなかったので、伊集院光のラジオを聞いてよかったと思いました。


モンゴル人の天国から地獄っぷりがいいですね。

まぁ対戦相手からすれば、地獄から天国なんですけど。


そりゃ最後の最後までやらないといけませんよ。

サッカーだって、ロスタイムが終わるまでが試合であって

45分経過で

「イエーイ」

ってやって、失点したらそれで負けですからね。


でもこういう格闘技って

「警告で試合内容が決まる」

ところはちょっと恐ろしいですよね。

サッカーでいえば、イエローカードやレッドカードの枚数で勝負が決まるってわけですから。




伊集院光は衰えた?

伊集院光は、衰えたというより、今の時代ネットで叫ぶ人が多いので

その関係で存在感が薄くなった気がします。

それでもラジオ界の中ではおもしろいほうなんですけど。


話すチョイスがすごく悪くて、すっごい伊集院光びいきの渡辺くんも

さっぱり笑わないときがありますからね。

そういうときは、周りの人が

「すべってるよ!」

と、伊集院光に注意してほしいです。


いや、甲子園あたりのネタが抜群につまらなかったです。

「芸人ですっごく甲子園について詳しい子がいるんです」

「女子ソフトボールですっごくかわいい子がいるんです」

はぁ~?


でも、オリンピックのモンゴル人がおもしろかったので

伊集院光はさすがだと思いました。


あと、最近伊集院光のネタ選びが悪いと思うのですが

ハガキ職人のネタがちょっとイマイチなので、どうにかしてほしいです。

「あれ?前も同じネタ読んでいなかったっけ?」

みたいなものが多すぎます。

とにかく下ネタが多すぎます。


いや、下ネタは別にいいですけど。

同じような下ネタはどうにかしてほしいです。

伊集院も歳なんだろうなぁ。

前に読んだのに、それを忘れて

「これ、おもしろいじゃん」

と思って、似たようなネタを選んでいるのだと思います。

いやしょうがないですよ。

もう伊集院光も、そろそろ認知症入ってくるような歳でしょ?

まだ50歳いっていないのかな?

じゃあまだ大丈夫かぁ。



2012-08-21 02:16 | カテゴリ:その他もろもろ

ちょっと伊集院光のラジオを聴いていたら

なんかつまらなくて、消したんですけど

昔は伊集院光のラジオを楽しみにしていた時代もありました

それがなんか今ではぜんぜんつまらなくなったわけで

それがなぜだか少し考えてみました。

伊集院光の本

・・・といっても、今自分が聞くラジオなんて

伊集院光のものしかありませんし

普段ラジオなんて聞かないわけで

そう考えれば、伊集院光ってすごいと思いますけどね。




1.自分が変わった

たぶんこれが一番大きいかと・・・。

なんかシモネタとかがぜんぜんつまらないというか

ネットのガキと同じだろって思うようになったというか

シモネタが身近になりすぎて嫌うようになったというかな…。


いや、たぶん自分が成長して

伊集院光のラジオでは満足できなくなったのかもしれません。


2.ネットの普及

ネットが普及しすぎて

伊集院光が話すネタがネット上で話題になっているもので

いまさら感があったりする。

なんか伊集院光のラジオを聴いていて

「いまさらその話題なの!?」

って感じたりするところがあったりします。

もちろん、おもしろおかしくして話すんですけど

それもなんかあまりおもしろくなくて

結局オチも弱かったりするとがっかりします。



3.伊集院光が尊敬を集めすぎ

もうさ、伊集院光とか

尊敬する人もたくさんいるわけで

ネット上ではちょくちょく伊集院光の名前がでてくるじゃないですか。


そんな伊集院光が、ラジオで自虐ネタを話しても

なんかおかしい気がしますし

むしろ、他の芸能人とか馬鹿にしていると

どんだけ天狗なのよ?って気になります。


なんていうか、前だと伊集院光って

やっぱりあまり評価されていないような芸人というイメージでしたが

いまでは、なんか尊敬する人は尊敬しているって感じになってしまい

そんな人が自虐ネタや、他の芸能人をネタにするって

イヤミにしか聞こえないような・・・。



4.野球ネタが多すぎる

野球ネタはいいと思うんですけど

テンションの差があるような気がします。

野球ファンならおもしろいでしょうけど

ネット住民とかになると、たしかに野球はみたりしますけど

草野球の話題とかされても

みんなでわいわい遊びましたよ

って話をされても、なんかつまらないような。



5.採用されるハガキがシモネタ系ばかり

なんか昔はハガキ職人のレベルが高かったように感じます。

いまも高いのでしょうけど

いまではネットが普及しすぎて

おもしろいことをいったりする人はたくさんいますからね。


うーん、ハガキ職人のレベルが下がったというよりも

おもしろい人が前にでやすい現状になっている・・・

つまりネットが普及したということなのでしょう。



6.ツイッターで話すネタをこぼす

伊集院光はかなりツイッターが好きっぽくて

自分がツイッターをやっていたときは

結構伊集院光のツイッターを見たんですけど

なんていうか・・・やらないほうがいい気がする。

もちろん、自由なんでしょうけどね。




やっぱり自分が変わったのでしょう。

馬カード

そして今でも他のラジオパーソナリティみたいな人と比べると

伊集院光はトップみたいな感じなんだと思います。


でも現状

伊集院光は評価されすぎ

だと思います。

いや、才能を考えたら評価されるべくして評価されているんでしょうけど

評価をされてはいけない人物だったのでは?


もちろん、そういった自虐ネタを多くする人柄も

評価される要因なんでしょうけど・・・。

そういうキャラだっけか?


ま、たしかに伊集院光はいろいろいいことをいうんですけど

ラジオの伊集院光はギャグパートみたいな感じで

その伊集院光が好きだった自分としては

なんか物足りないって思います。




過去を思う二人




なんかほんとネットを回っていたら

伊集院さんがこんなこといっていましたよ

みたいな感じで取り上げられていることが結構あるんですよね。


たしかに前から頭のいい人だって思っていますし

そういう人なんでしょうけど・・・

うーん。まぁなんていうか

評価されたゆえに伊集院光が楽しめないっていうか

まぁ自分が変わったんでしょうね!


このネットが普及した時代に

ラジオでがんばるということ自体、大変なことだと思いますし

自分的には伊集院光ぐらいしか

ラジオを聞く価値はないと思ったりもしていますしね。

自分が過大評価しすぎたところがあるんでしょうね。


あと自分も結構そうなのかもしれませんが

信者みたいな人が多くないかい?


伊集院光はたしかに

被害妄想の誇大妄想

とかいって、そういうところは自分も親しみを沸きますし

自分と似たような人なのかな?と思いますけど

伊集院光のテレビの振る舞いをみたら

どうみても、やり手だろ。


そういうのをみているとラジオで話す馬鹿話も

僕は人気者なんですよ。だから馬鹿をやっても許されるでしょ

的なオーラを感じます。

普通にプライド高いと思いますけど。

いや、普通にあんなにいろいろ評価されて

天狗にならないほうが、人間としてデキすぎていると思います。


なんかそう考えると、そういった

なんていうの?

人間としてちょっと弱い層からの指示を集める教祖というか。

なんかそんな感じを感じます。

そういうところも、楽しめなくなった要素なのかな。


いつか伊集院光が急に

「ばれちゃあしょうがねーな」

みたいなテンションになって、馬鹿キャラを作っていたのを白状とかしたら

なんか・・・それもありかなぁ。

いや、というかラジオのあれは、わざと馬鹿みたいなキャラをやっているの?

え?あれ?普通に考えたら、むしろそうですよねぇ。



2012-03-02 20:55 | カテゴリ:通販生活つれづれ

自分は伊集院光が結構好きなんです。

伊集院光の本とか持っています。

伊集院光の本

他にもラジオで採用したらもらえる

深夜の馬鹿ードなんかももっていたりするんです。

ばかーど

でも最近はラジオを聴かないときもちょくちょくありますね。


そんな伊集院光さんがDVDをだしたわけです。

その名も

伊集院光のばらえてぃー

ってやつなんですけど…。


自分は買っていませんが、おそらく中身はおもしろいのではないでしょうか。

アマゾンレビューをみると、普通っていったぐらいかな。


伊集院光についてはまたいつか書きますけど

今回はDVDを買うってことについてちょっと書きたいんですが


DVDを購入してなんども見るの?


いい大人になれば、DVDをなんどもみるときって少なくなるのでは?

大人になると時間のすすみ方がハンパなく早いので

なんどもDVDとかみている暇はないと思うんだけどなぁ。


だから小さな子供がいて、その子供にみせるために

子供が好きな番組のDVDを購入するっていうのはわかります。


でも、大人がみるDVDって時間の関係上

なんども見ないと思うんですよ。

だから、この伊集院のばらえてぃーがどうのこうのというより

こういうDVDって、1回みるためだけに購入って人が多いんだろうな…

というか、漫画の単行本みたいな感じで

忘れた頃に一気見したくなるのかな・・・。


でも、漫画は本をひらけばすぐ読めますが

DVDってCDをいれたりしないといけないから

やや手間がかかる分、人っておっくうになると思うんですけどね。


値段が定価約4000円で

アマゾンでは3000円ほどで買えるわけで

たしかにそこまで高くはないのかもしれませんが

うーん、DVDを購入するって

映画を映画館でみて「感動したから買う!」とかならわかるのですが

こういったDVDをみたいから買うというのは

すごい時代になったというか

伊集院光がいくら好きでも、そこまでしなくても…

と思ってしまうのは、やっぱり古臭い考えなのかな。




伊集院光




【伊集院のばらえてぃーのアマゾンレビューはこちら】

伊集院光のばらえてぃー・アマゾンレビュー




もちろんAAはちょっとした冗談なんですけど…。


たまーにツイッターとかのぞくと

伊集院光さんのリツイートっていえばいいのかな?

よくわからないんですが、それであふれていることがよくあります。


ツイッターを伊集院光さんがやりはじめてから

どうも自分的に少しつまらなくなった気がします。

ツイッターでつぶやいたことが、ラジオでしゃべったりしたりするんですよ。

だから、ツイッターをみたあとにラジオを聴いたら

「それ、ツイッターでいっていたやつだなぁ」

って思ったりしますね。

いや、たしかバスで伊集院さんがホンジャマカの石塚さんに間違えられたのは

ツイッターでつぶやいていて、それをラジオでしゃべっているのを聴いたんですよ。

まぁ別にいいですけど、なんか少し残念というか…。


どうなんだろ、昔から伊集院光のラジオを聴いている人にとっては

伊集院さんがツイッターで沢山つぶやいているのは

微妙な感じがすると思うんだけどなぁ。

ならフォローするなってことなんでしょうけど

そういう意味ではないような・・・。


身近になってよかったのかもしれませんが

伊集院光ってキャラがみんなの人気者でいいのかなぁ


あまり好まれている印象がないから

ラジオで毒を吐いても許される感じがあるのに

ツイッターとかで多くの人に「ファンです!」とかいわれていて

ラジオで毒をはいているんじゃ

人気者がラジオで愚痴をこぼしているのと変わらないんじゃないかと思います。

いやぁ、たしかに話がうまいとは思うんですけどね。


伊集院光についてはいろいろかけちゃったりするので

また気が向いたら書くかもしれません。