2017-01-17 20:38 | カテゴリ:その他もろもろ
うちの親、ヤクルトレディが来たら、問答無用で追い返すのに

なぜか電話勧誘がくると、なかなか電話を切らず

ちんたらちんたら話して、気がついたら契約していたりするんですよね。


まぁ別にそういう契約が詐欺なわけではないんですけど。

かなりめんどくさいんです。

そもそもうちの親は、向こうが

「安くなるって言ったから」

契約したわけですけど、めんどくさいことがわかっていないんです。


まぁ向こうからすれば

「ぜんぜんめんどうではないですよ」

と言ってくるわけで。


は!?

てめーからしたらめんどくさくなくても

こっちからしたらめんどくさいだよ!!

このブス!ハゲ!!

こちらの貴重な時間をうばってんじゃねーぞ!!

みたいな話ですよね。


うちの親もイライラして、最終的にはなぜか自分が怒られる始末でいろいろ困ってしまいます。





光コラボや転用で「安くなる」といわれたら詐欺だと思え

実際のところ騙されないというか、どうすればトラブルにあわないのかというと

最初に相手がどこのメーカーの人なのか聞くことです。


たとえばはじめに

NTT○○うんたらかんたら代理店のあーだこーだ

と言ったら、NTTとかではなくて単に代理店の話です。

だからこれはセールスなんです。


ようは簡単に登録してしまう人は、セールスなのかどうかがわかっていないわけです。

「NTTだから大丈夫だろう」

「みんなやっているのだろう」

「絶対にやらないといけないのだろう」

と思って、契約してしまうわけですね。



たいていそういうところが言ってくるのは

「○○すれば年○千円安くなります」

みたいな感じです。

ぶっちゃけ年5000円ぐらい安くなったところで

めんどくさい作業させられたり、転用のデメリットを考えれば微妙なところです。


でもどうしても高齢者は

「安くなる」

という話になると

「善意で言ってくれているのだろうな」

と思って、ホイホイ契約したりします。


驚いたのは、この前そうやって電話セールスで転用したばかりなのに

また別のところと光コラボの転用をしようとしていたみたいでびびります。


とにかくそういうセールスが特に理由もなく

「安くなる」

というと、高齢者はそれにほいほいつられて話を進めてしまうみたいです。



だから、これからは

「安くなる」

といわれたら詐欺だと思うべきです。

うちの父は、まったく必要ないのにヤマダ電気でパソコンを買ってプリンタも買わされましたからね。


高齢者はどうしても断ることをしないというか

「○○もどうですか?」

と言われると、買ってしまうみたいです。

まぁもうしょうがないです。

いろいろつっこみどころがあるんですけど、人間というのは

【身近な人の話より、まったくしらない人の話を信用する】

傾向があるみたいです。




電話セールスのゴミ野郎を撲滅させろ!!

自分は電話セールスはこの世のゴミだと思っています。

いなくなったほうが100倍住みやすくなると思っています。


でもやっていることは、うまいこと言って契約させるだけで

実際は詐欺ではないんですよね。

だからつかまらないし、うまいことをいわれて契約する人もいるのでなくならないです。

企業からしたら需要があるわけですね。


そしてこれは高齢者にいくら言っても無理です。

高齢者に電話セールスの内容を説明しても無理です。

単に高齢者は相手が安くなるといったので、お得だと思って話をすすめただけですから。

家を取られても、「お得だ」といわれたら、マンション住まいをするレベルです。



高齢者になんど言っても

「安くなる」

というのは魔法の言葉みたいです。

この言葉を出されると、どうしても話を進めてしまうみたいです。


今回もうちの親が家に工事の人が来る予定になった寸前で

自分が電話を変わったので、なんとかなったみたいですけど。

親が1人だったら、間違いなくその後いろいろトラブルにあっていました。


だからね。

「安くなる」

この言葉が詐欺だと思ってください。


オレオレ詐欺みたいなものです。

「安くなる」

って言葉は

「オレオレ」

と言っているようなものです。


「安くなる」といわれたら3倍用心しろ。

それだけで、どうにかなると思うんですけどねぇ。


もう長いこと生きているのだから

【うまい話には裏がある】

ぐらい気づいていてもおかしくないと思うんですけど。

どんだけお花畑の人生歩いてきたんだか…。


自分は人生ハードモードだったので、相手がうまい話を持ってきた瞬間

ちょっと顔がひきつったりするので、それもある意味やばいですね。