2016-04-01 22:40 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

自分の中では闇金ウシジマくんの9巻がかなりヒットなんです。



闇金ウシジマくんの9巻は、もちろんフリーターくん偏の完結版。

闇金ウシジマくんはここで終われば、神漫画だったと思います。


以前にも闇金ウシジマくんのフリーターくんの話をした気がするので

今回は、自分が昔人生を舐めていた話をちょっとしようと思います。






ホームレスが楽だと思っていた件

自分は昔ホームレスが楽だと思っていました。

だから、人生うまくいかなければ

「東京でも行ってホームレスでもやろう」

と思っていました。


でも闇金ウシジマくんの9巻をみてもわかるとおり

ホームレスというのは、一般よりも人間関係の疲れるもの

だというのがわかります。

ホームレスは決して自由ではないんです。

一般の人より、より人間関係に疲れるものなんだと思います。


やっぱり人間お金がないと自由もないです。

ホームレスは、自由に生きれるようにみえて

やっぱりお金がないというのは、お金がない人たちの中で生きていかないといけないわけです。


自由に生きるために、お金が必要だというのが今ならわかります。

昔はホームレスが自由だと思っていました。

でも、今はホームレスはいろいろなものに縛られているものだというのを感じます。

実際にやったことがないのでわからないですけどね。







どん兵衛 鴨長明で人生を知る

自分は徒然草派だったので、鴨長明はあまり詳しくないんです。

でもどんべえのサイトで鴨長明を取り上げたサイトがあったので

それをいろいろやって鴨長明のよさがわかりました。


「水の流れは絶えずして、元の水ではない」っていうやつですね。

学校で習ったと思うので、知っている人がほとんどだと思います。


学校で他にも、家のかわらがうんたらかんたらっていうのをやりましたよね。

それが学生のときは、まったく琴線にふれなかったのですが

今になって、そのおもしろさを感じたりします。


人間大きな家に住みたがるみたいなことを書いてあって

それが見栄とかうんたらかんたらという話なんです。

でも、実際そんなのはくだらないってわかりますよね。

見栄とかそういうのってくだらないものだと多くの人はわかっている。


でも、周りをみれば、古い家は少なくなっていって新しい家ばかりになっていく。

もちろん、それは見栄とかそれ以外の点もあると思います。

でも、やっぱり見栄というかな、そういうものはいつの時代になっても変わらないものだと思いましたね。






人間どうやって生きていくのかは自由!自分の物語

人間どうやって生きるかは人それぞれ自由です。

でも人生と言うのはテンプレ人生みたいなものがあります。


生まれて学校にいって、就職して、結婚して、子供を生んで、歳をとって、死んでいく

これがいわゆるテンプレ人生です。

これが人間の約9割の人が幸せな人生だと言える人生なんです。

断言できます。


自分もこの人生なら、そこまですごい幸せだとは思いませんが

少なくとも幸せであるとは思いますから。


でも、もちろんこういうテンプレ人生を生きなくても人間言いわけです。

他人からみれば、テンプレ人生から外れた人生は不幸せだと見られます。

多くの人がテンプレ人生を生きているのだから、そりゃそうです。


でも、本人がいいのなら、テンプレ人生ではない人生もいいと思います。

本人が本当にそれで幸せだと思えることができるのならそれでいいと自分は思っています。

これは昔から今まで変わっていませんね。


でもやっぱり自分がそういうテンプレ外の人生を生きているからか

テンプレ外の人生では

どこにゴールがあるのかよくわからない

です。


だから急に、なにもかもがつまらなくなってなにもできなくなったり

くだらないことに夢中になったりもします。


テンプレな幸せがあるというのは、とてもありがたいことだと思います。

テンプレ外な人生というのは、本当に本人が決めて生きないといけないのでとても大変です。

そして未来がまったく想像できないです。

それはとても怖いものだったりもします。


世の中テンプレ人生を歩ませるために、いろいろな仕組みがあります。

でも、最近はテンプレ外の人のためのいろいろな仕組みも増えてきた気がしますね。

そういう点では、やっぱり今の時代は昔と比べると

テンプレ外な人生を歩む人も多くなっているのだと思います。


テンプレ人生が97。

テンプレ外人生が3。

そんな感じかな。


でも自分の親世代なら、テンプレ人生が99.5ぐらいだと思います。

テンプレ外人生が0.5ぐらいかな。

テンプレ外人生を歩む人は、気取っているんだと思います。

自分もそうですから。


人生変に気取らないで、テンプレ人生を歩むべきだと自分は

テンプレ外人生を歩んで、そう思ったりします。

まぁ自分はテンプレ外人生が好きなので、満足していますけど。


ここ最近人生が楽しいというか

学校に行っていたことは、ほんと人生がつまらないというか

学校が暇で暇で、早く学校が終わらないかと思っていました。


でも、最近は

「暇だ」

なんて発言はまったくしたことがないですからね…。


やることがくさるほどあって、それをしない人生を送って

「あわわわわわ」

ってなっています。

そろそろ本気ださなきゃなぁ。

もういい歳だし。



2015-06-15 22:47 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

昔の闇金ウシジマくんはすごいおもしろくて

アフロ田中と一緒に立ち読みでよく読んでいました。



最近のはちょっとよくわからないというか

浅くなった感じを感じますが

昔の闇金ウシジマくんはよかったです。


やっぱり一番はフリーターくん偏でしょうね。

なにがいいのか、思い返してみるとよくわからないのですが

主人公のうついが、最後は真面目になるところがいいです。


フリーター状態のときの思考もなかなかおもしろくていいです。

求人表のやる気にあふれた人たちがうつっているのをみて

「俺にはこんなの無理だな」

ってところが、いいですよね。

いや、そんなやる気があるのなら、もっと人間上に行ってるわ!


自分はサラリーマンくん偏も好きなんです。

序盤は仕事がうまく行かなかったり

家庭のほうでもストレスをためる主人公。


でも、最後はよくわからないのですが

急に澄み切った主人公になる謎展開

で、びびります。

会社を体調を崩して休んで、急に好転するという

よくわからない展開なんですが

その澄み切った主人公が

ぐだぐだになった友人も改心されたりするところがいいです。


まぁ人間

クズ野郎が腐るほどいる世の中ですよ

むしろそういう正直に生きている人間のほうがほんとうに少数です。


でも、闇金ウシジマくんをみていると

そういう世界でも、人間の意識次第では

世界がよくみえたりするところを感じられるところがいいです。


結局毎日は平凡なんですよ。

平凡だから、特別なことを求めたりしますけど

変わるべきは、周りではなくて自分自身というかな

そういうのを闇金ウシジマ君をみていると感じますね。


まぁでもやっぱり人間

健康に生きているだけでも幸せ

だと思いますよ。


この漫画の主人公のウシジマくんも

結局は食うために仕事をしているわけで

結局人間生きるために、一生懸命生きているだけ

なのかもしれません。

いや、ウシジマは大量に金もっているのだから

もう仕事をやめても食っていけると思うんですけどね。

そこらへんは、ご都合主義みたいなものなんでしょう。


金の重要さがわかっているのに

金の使い方がおかしいというかな

まぁ結局ウシジマの野郎も普通っぽいことをいいますけど

単なる金儲けが好きな1人なんでしょう。

そうじゃないのなら、もう十分なお金がたまっているから

仕事やめて、質素な暮らしで満足するでしょ。