2017-04-26 18:51 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

最近のアニメってつまらないと思うんですけど。

サクラダリセットというアニメのプロモーション映像だけはすごいと思いました。



【動画はこちら】





んで、なにがすごいっていうのかというと。

1.歌がすごい

2.セリフがすごい

3.厨というか、電波臭がすごい


あまりにもプロモーション映像が熱すぎて、アニメを見てみたんですけど。

登場人物がかなりクールでびびりました。

このプロモーション映像の歌は詐欺では?


いや、だって、この歌

「どこのホストよ?」

って感じの歌声でしょ。

よくこんな歌を採用したな。




セリフがおかしい

で、歌以外にも印象に残るのが電波系発言

「なにか約束をしましょうか」

「やっぱり普通じゃないね」(ブーメランなの?)

「私はリセットを奪う!」

「あなたが悲しんでいるから私は泣くのです」

いろいろやばいんですけど。

最後が特にヤバイと思うんですけど。


そしてこのプロモーション映像からのアニメを見たときの

拍子抜け感がすごかったので、記事にしてしまいました。


いや、お前らみんなクールというか。

プロモーション映像がスピーディーすぎでしょ。

プロモーション映像だけ評価できる最近のドラえもんの映画みたいな感じでした。

いや、まだ3話だっけかな?4話?

そこまでしか見ていませんけど。

サクラダリセットは悪くはないですよ。

プロモーション映像には遠くおよびませんけど。

プロモーション映像がピークのアニメって最近多い気がします。


アニメは12話あるのかな?

それをみなくても、たった30秒で満足できるわけですから。

ある意味いいですよね。



2017-03-25 02:17 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

自分は少年サンデーって子供向けだと、結構馬鹿にしているんですけど。

少年サンデーって雑誌を読んだこと自体、まったくありませんでした。

というか立ち読みでも読んだことがないです。



なのに少年サンデーを子供向けだと思うのは

テレビアニメ化された作品の影響が強いのだと思います。

というか、少年サンデーで自分がなんとか見れたものって

・だがしかし

ぐらいな気がするんですけど。

あ、境界のリンネもなんとか見れていますけど、そろそろ限界が来ています。


というか境界のリンネって1期で終わっておけば許せるのに

2期をやって今度は3期に突入するでしょ。

長くやればやるほど

「子供向けだなぁ」

と評価を落とすような作品なのに、なぜ長々とやるのか?

境界のリンネって1期で終わっておけば、十分評価できる作品でしたけどねぇ。




少年サンデーのアニメ化作品は子供向けが多すぎないか?

少年サンデーのアニメ化作品って、子供向けというより

なんか見ていて

「浅いな」

と思わせる作品が多いというか、主人公補正がバリバリなアニメが多すぎる気がします。


そもそもガッシュだって、普通におもしろかったですよ。

普通に序盤はアニメ楽しくみていましたけど。

中盤から終盤にかけてはくどいところを感じましたし。


サンデーのアニメ化作品って、なんで

【仲間は整った顔。悪人は悪人顔】

って感じなの?

最強の弟子ケンイチってまさにそうじゃん。

アニメを少しみましたけど、ケンイチにいじわるする空手部とか

お年寄りを粗末に扱う不良の悪人顔がやばいです。

一目見て

「人って外見で判断していいんだね」

と思わせてくれます。


ハンター×ハンバーの作者が言っていましたけど

「戦うときに人物がぺらぺらと自分の能力を話すのは滑稽だ」

といっていましたけど、サンデーはまさにその滑稽な感じがあって、ストーリー的にも萎えるところがありますね。

いや、ジャンプやマガジンでもそういう感じの漫画ってまだまだありますけどねぇ。


ただサンデーって子供向けだと自分は思っているわけで。

それが悪いってわけではないです。

子供向けでもおもしろいものがありますし、大人向けなのにクソつまらないものもありますから。


自分はコロコロコミックを好きでしたけど、サンデー好きでも

「コロコロコミックなんて子供が読むものだ」

と思って馬鹿にしている人もいるでしょ。

自分はでんぢゃらすじーさんを評価していたりしますし。

いや、それもどうかとおもいますけど。


人によってはでんぢゃらすじーさんを

「くだらない漫画だ」

とまったく読んでいないのに評価している人もいるでしょ。

いや、くだらない漫画ですけどね。




少年マガジンを買っている人はどんな人?

少年ジャンプを買っている人っていうのはわかるんです。

具体的にいえば

・ラーメン屋

・床屋


こういうところがジャンプを買っていると思います。

いや、納得でしょ?


でもマガジンって今買っている層がよくわからないというか。

ラーメン屋や床屋に今マガジンを置いていて、読む人がいるのか?

だからマガジンがそれなりに売れているのが結構謎ですね。


サンデーはまぁあまり売れていないので、納得なんですけど。

マガジンはジャンプの半分ぐらいは売れているでしょ。

だから今少年マガジンを購入している人はどんな人なのかちょっと気になります。

いやー、ジャンプも今はどんな漫画がやっているのかさっぱりわかりませんけどね。


でもジャンプはラーメン屋と床屋には置かないといけないと思いますから。

まぁ床屋自体が、今は1000円カットの影響でばんばんつぶれている気がしますけどね。


そんな自分はセルフカットで、自分でバリカンつかって丸刈りしているんですけど。

昔は床屋にいったら、ジャンプとマガジンがありましたねぇ。

まぁ床屋って基本クソだと思っているので、もう床屋も1000円カットにもいかないけどな!

床屋や1000円カットに行くぐらいなら、自分でバリカン買って丸刈りにしたほうが100倍良いって

なんで多くの人は気づかないのか謎です。

自分がおかしいだけか。




アニメ氾濫すぎ

最近漫画が読まれなくなっているのは、アニメが氾濫しすぎているからだと思います。

なんか今すごい数のアニメが作られているでしょ

ほとんどがクソアニメですけど。

漫画だって、クソ漫画ばかりですから。

それならアニメを無料でみていたほうがいいですよね。


あぁ、ただ思春期の男の子とかになると、ちょいエロ目的で

ジャンプとかマガジンとかサンデーとか買うのか。

なんかそれはわかる気がします。


大人になると、そういうちょいエロとかまったく需要がないですけど。

自分が小学生か中学生ぐらいの頃は、ぬーべーのちょいエロが好きだった気がしました。



というか、ぬーべーNEOってなんじゃらほい?


漫画も悪くないんですけどねぇ。

自分が今読んでいる漫画といったら、進撃の巨人ぐらいかな。

前まで監獄学園も読んでいましたけど、アニメ化されたぐらいからつまらなくなった気がします。


というか、おもしろい漫画はアニメ化されるので

漫画ってますます読まれなくなる気がします。

たまにおもしろくもないのにアニメ化される作品もあって困りますけどねぇ。



2016-04-01 22:40 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

自分の中では闇金ウシジマくんの9巻がかなりヒットなんです。



闇金ウシジマくんの9巻は、もちろんフリーターくん偏の完結版。

闇金ウシジマくんはここで終われば、神漫画だったと思います。


以前にも闇金ウシジマくんのフリーターくんの話をした気がするので

今回は、自分が昔人生を舐めていた話をちょっとしようと思います。






ホームレスが楽だと思っていた件

自分は昔ホームレスが楽だと思っていました。

だから、人生うまくいかなければ

「東京でも行ってホームレスでもやろう」

と思っていました。


でも闇金ウシジマくんの9巻をみてもわかるとおり

ホームレスというのは、一般よりも人間関係の疲れるもの

だというのがわかります。

ホームレスは決して自由ではないんです。

一般の人より、より人間関係に疲れるものなんだと思います。


やっぱり人間お金がないと自由もないです。

ホームレスは、自由に生きれるようにみえて

やっぱりお金がないというのは、お金がない人たちの中で生きていかないといけないわけです。


自由に生きるために、お金が必要だというのが今ならわかります。

昔はホームレスが自由だと思っていました。

でも、今はホームレスはいろいろなものに縛られているものだというのを感じます。

実際にやったことがないのでわからないですけどね。







どん兵衛 鴨長明で人生を知る

自分は徒然草派だったので、鴨長明はあまり詳しくないんです。

でもどんべえのサイトで鴨長明を取り上げたサイトがあったので

それをいろいろやって鴨長明のよさがわかりました。


「水の流れは絶えずして、元の水ではない」っていうやつですね。

学校で習ったと思うので、知っている人がほとんどだと思います。


学校で他にも、家のかわらがうんたらかんたらっていうのをやりましたよね。

それが学生のときは、まったく琴線にふれなかったのですが

今になって、そのおもしろさを感じたりします。


人間大きな家に住みたがるみたいなことを書いてあって

それが見栄とかうんたらかんたらという話なんです。

でも、実際そんなのはくだらないってわかりますよね。

見栄とかそういうのってくだらないものだと多くの人はわかっている。


でも、周りをみれば、古い家は少なくなっていって新しい家ばかりになっていく。

もちろん、それは見栄とかそれ以外の点もあると思います。

でも、やっぱり見栄というかな、そういうものはいつの時代になっても変わらないものだと思いましたね。






人間どうやって生きていくのかは自由!自分の物語

人間どうやって生きるかは人それぞれ自由です。

でも人生と言うのはテンプレ人生みたいなものがあります。


生まれて学校にいって、就職して、結婚して、子供を生んで、歳をとって、死んでいく

これがいわゆるテンプレ人生です。

これが人間の約9割の人が幸せな人生だと言える人生なんです。

断言できます。


自分もこの人生なら、そこまですごい幸せだとは思いませんが

少なくとも幸せであるとは思いますから。


でも、もちろんこういうテンプレ人生を生きなくても人間言いわけです。

他人からみれば、テンプレ人生から外れた人生は不幸せだと見られます。

多くの人がテンプレ人生を生きているのだから、そりゃそうです。


でも、本人がいいのなら、テンプレ人生ではない人生もいいと思います。

本人が本当にそれで幸せだと思えることができるのならそれでいいと自分は思っています。

これは昔から今まで変わっていませんね。


でもやっぱり自分がそういうテンプレ外の人生を生きているからか

テンプレ外の人生では

どこにゴールがあるのかよくわからない

です。


だから急に、なにもかもがつまらなくなってなにもできなくなったり

くだらないことに夢中になったりもします。


テンプレな幸せがあるというのは、とてもありがたいことだと思います。

テンプレ外な人生というのは、本当に本人が決めて生きないといけないのでとても大変です。

そして未来がまったく想像できないです。

それはとても怖いものだったりもします。


世の中テンプレ人生を歩ませるために、いろいろな仕組みがあります。

でも、最近はテンプレ外の人のためのいろいろな仕組みも増えてきた気がしますね。

そういう点では、やっぱり今の時代は昔と比べると

テンプレ外な人生を歩む人も多くなっているのだと思います。


テンプレ人生が97。

テンプレ外人生が3。

そんな感じかな。


でも自分の親世代なら、テンプレ人生が99.5ぐらいだと思います。

テンプレ外人生が0.5ぐらいかな。

テンプレ外人生を歩む人は、気取っているんだと思います。

自分もそうですから。


人生変に気取らないで、テンプレ人生を歩むべきだと自分は

テンプレ外人生を歩んで、そう思ったりします。

まぁ自分はテンプレ外人生が好きなので、満足していますけど。


ここ最近人生が楽しいというか

学校に行っていたことは、ほんと人生がつまらないというか

学校が暇で暇で、早く学校が終わらないかと思っていました。


でも、最近は

「暇だ」

なんて発言はまったくしたことがないですからね…。


やることがくさるほどあって、それをしない人生を送って

「あわわわわわ」

ってなっています。

そろそろ本気ださなきゃなぁ。

もういい歳だし。