2017-05-11 23:03 | カテゴリ:管理人の体調関連

おまえ!ふざけんな!

まだ若い部類に属すると思うんですけど、ちょっとおしっこ関係で不調なのでいろいろ調べていたら

・おしっこを我慢すると膀胱炎になる説

・おしっこに行き過ぎると頻尿になる説


この2つがあってちょっとイライラしています。

どっちなのよ!?

はっきりせーよ!!


まぁそれなりに時間をおいて、尿意がきたら普通にトイレに行けって話なんだと思いますけど。

尿意が来たら、ちょっと我慢すべきなのか。

それともさっさと行ったほうがいいのか。

それがよくわからなくて困っています。


やっぱり無関係というか、単なるパクリ記事を書いているような人にとっては

「尿意が来たら、我慢せずトイレに行ったほうがいい」

みたいないかにもなことを書いていますけど。

頻尿を改善するためには

「少し我慢すべき」

みたいな感じのことが言われているんですよねぇ。





子供の頃の話

というか、自分が幼稚園ぐらいのころ…。

4歳ぐらいのときですね。

かならず夜起きて、トイレに行っていましたけど。

1人でトイレに行くのが怖いというか、親が

「トイレに行きたくなったら起こせ」

っていうから、親を起こして深夜に一緒にトイレに行っていましたね。


というか、今だったらむしろ親を起こすのが怖いわ!

暗闇や幽霊よりも、よっぽど寝ている親を起こすほうが怖くね?

まぁ当時は自分も子供だったら、親もなにも言わずついてきたのだと思いますけど。


でも当時は夜トイレに起きるのが普通だと思っていましたね。

だって、普通人間10時間もトイレに行かないことってありえないでしょ。


だから約10時間ぐらい寝ていたのかな。

10時間まったくトイレに起きず、寝ているほうがおかしいことだと思っていましたけど。

でも、普通夜寝ているときにトイレに起きたりはしないようですね。


今でも睡眠時間が短いから、夜トイレに起きたりしませんけど。

ぶっちゃけ10時間ぐらい寝ることになったら、絶対トイレに起きそうだわ。

そんな感じで、自分は子供の頃からちょっとおしっこ関係で問題があったようです。






遺伝なのか?

なんかうちの親は、50代ぐらいから

母親は夜間頻尿。

父親は普通に頻尿。

そんな感じで、おしっこ関係に問題があるようで。

自分はそういう遺伝を受け継いだ可能性があるんですけど。

でも姉は別にトイレが近いとかではなかったような…。

まぁでもそういうおしっこ関係のことって遺伝の可能性もあると思います。


自分はまぁノコギリヤシとか飲み始めましたけど。

ノコギリヤシで男性ホルモンがあーだこーだの話ではなく。

体の機能の衰えが問題な気がしています。


用は座っておしっこしているから、おしっこが勢い良くでないというかな。

そういうところがあるような気がしていますね。

立っておしっこをするのなら、狙いを定めて放出するので勢いよく発射しますけど。

座っておしっこになると、なんかぼーっとおしっこする感じじゃないか?

だから今後はもっとおしっこ関係で悩む男性が増えると思ったりしています。


寝ながらうつぶせでパソコンしているのも悪いのかなぁ。

なんて思ったり。


立っておしっこをすれば解決しそうですけど。

まぁご存知のとおり、立っておしっこをするのはかなり跳ねて汚いとかなりイメージ悪いんで…。

座っておしっこをするか、立っておしっこをするのなら

ズボンとパンツを脱いで、下がフリーな状態で、ガチしゃがみの状態でおしっこをしないといけないので。

なんかそれがとてもめんどくさい!


馬鹿っぽい話になっていますけど。

同じような悩みを抱いている人って多そうというか。

今後増えてきそうなので、笑い話にならないと思うんだけどなぁ。



2016-12-25 18:38 | カテゴリ:管理人の体調関連

2016年もあと少し。

2017年は健康にがんばりたいです。


今現在、どうも食事が1食で満腹というか。

ロールケーキ1切れ食べただけで、腹いっぱいになるので

なんかやばいんじゃないかと思ったり。


寝てばっかりだからかな。

でも睡眠は欠かせないので、やっぱり食事より寝るほうを優先してしまいます。


運動もやっておきたいところです。

運動しないから、なかなかお腹がすかないんじゃないかと思ったり。


後は2017年は、泡石鹸を使っていこうと思っています。

いままで固形石鹸ばかり使っていましたけど。

シャボン玉石鹸

今後は泡石鹸を使っていこうと思っています。

泡石鹸のほうが便利だと思います。

今後は泡石鹸の時代がくるでしょ。

値段が高いですけどね。

コラージュフルフル

2016年は前半からだの調子がよかったんですけど。

どうも10月あたりから、不調気味なんで。

2017年は油断せずにいこう!(てづか)


まぁ別にそこまで長生きしたいわけではないんですけど。

40まではさすがに生きたいですね。

いや、さすがに大丈夫でしょ。

病気よりも、交通事故に気をつければ大丈夫かと。




2016-12-02 22:34 | カテゴリ:管理人の体調関連
自分はアトピーなんですけど、アトピーだからコラージュフルフルを買ったわけではないです。

コラージュフルフル

でもアトピーの人こそコラージュフルフルを使うべきなんじゃないかと思いました。

というか、病院がクソなんだコラ!




アトピーの人は肌に優しい石鹸を使うというのが微妙

自分はアトピーで昔に2つの病院に行って、そこで

「肌に優しい無添加石鹸を使ってね」

なんていわれたり、特定の石鹸は使ったらダメみたいなことをいわれたんですけど。

シャボン玉石鹸

まじ、病院馬鹿だわ。

ばーかばーか!どうかしているだろ!!


こういう製品って人との相性があるので、実際に使ってみないとわからないんだわ!

無添加石鹸でも肌にあわない人だっていると思います。


だからいろいろ使ってみて、自分にあった製品を見つけ出したほうが絶対にいいです。

だから、無添加石鹸だから

「肌に優しい」

とか思わないほうがいいです。


自分もアトピーで、敏感肌だったりするんですけど。

無添加石鹸が肌に優しくないとは思いませんけど

どうも汚れが落ちにくく感じて、使い始めはゴシゴシ洗ってしまったりしていましたからね。




殺菌力の高い石鹸のほうがこすらない

自分がコラージュフルフルを使ってよかったとおもうのは

・あまりこすらなくても綺麗になっている感がある

・無添加石鹸よりも、綺麗になっている感じがする


こういう点で好んでいます。



まぁ無添加石鹸と比べると、コラージュフルフルって2000円ぐらいするんですよ。

めっちゃ高いです。

高くて、イライラしてきますけど。

まぁ値段が高いほうが「質がいい」みたいな精神的効果も期待して

コラージュフルフルを今後も使おうと思っています。


いや、無添加石鹸も今後も使いますけどね。

病院は馬鹿だな!


【コラージュフルフル製品一覧はこちら】

コラージュフルフル





アトピーの人はアトピーではないかもしれない

まぁ後はアトピーの人は、それが本当にアトピーなのか一度確かめたほうがいいです。


アトピーというのは、いわゆるなんでもありというか

すべての症状にあてはまらない、謎症状がアトピーです。

なので、アトピーではないのに

「アトピーなんです」

と言っている人もいると思います。


自分はアトピーなんですけど、どうじにぜにたむしにもなりやすい体質です。

今回ちょっと首に

「これ、どうみてもぜにたむしでしょ」

みたいな感じの肌荒れができたので、いろいろと購入したんですけど。


いや、自分のアトピー箇所はおしりやら足にでるものであって

首にアトピーはいままで一度もなかったので…。


でもそう考えてみると

「もしかして、おしりや足のアトピーも、ぜにたむしだったのでは?」

なんて思ったりしています。


ほんとこれだから、病院はクソなんです。

ちゃんとなんの症状なのか検査かなにかをして確認してから対処しろよ!!

はじめからアトピーだと決め付けてステロイドを処方する馬鹿どこにいるよ!?

ステロイド

ほんとクソ病院だわ。

2つの病院行きましたけど、2つともゴミ病院だったわ。


いや、そのうちの1つは、本当に今までの病院の中でも最低の病院でした。

ほんと、あんな病院にいく人の気がしれないというか

自分の中で病院嫌いになるきっかけを作ってくれた病院でした。


その病院、魚の目できたらドライアイス(液体窒素?)でやけどをさせてとってくれましたからね。

おまえ、殺す気か。

小学6年生ぐらいだったと思いますけど、その頃の自分まじで死ぬかと思ったわ。


てっきり、魚の目の取れる絆創膏みたいなものを貼ってくれると思っていたんですけど。

まさかのドライアイス(液体窒素だろ)で死ぬかと思ったわ。

ほんと、これだから病院も良し悪しがあるというか。


魚の目の取れる絆創膏を貼ってくれた病院の評判ってあまりよくなかったんですよ。

でも自分の中では、そっちの病院のほうが100倍よかったわ。

ドライアイスで魚の目をとろうとした病院は、ほんとゴミだな!!

魚の目ぐらいでこちらを殺す気か!?

なんで拷問うけないといけないのか、ほんと謎でした。


もう自分は皮膚科は8年ぐらいかな、行っていないと思います。

その分、自分で肌のことを意識できるのでいいきっかけになりました。

そう思うと、そのゴミのような病院も美肌意識を高めてくれた点でよかったのかもしれません。