2014-09-14 21:30 | カテゴリ:緊張型頭痛

最近は緊張型頭痛で悩むことが少なくなり

再び緊張型頭痛になるのもいやなので

毎日軽い運動をするようになりました。


緊張型頭痛になったときは、自分の症状は重かったのかしりませんが

冗談抜きに脳がぷっつんしそうになって

気を抜いたらぽっくりいってしまうのではないかと思って

夜眠るのも怖かったです。


頭痛により、行動にも制限がかかり

緊張型頭痛というのは、多くの人によくある頭痛とされていますけど

自分としては、かなりきつい症状でした。


当時は緊張型頭痛なのか、はっきりしたところもわからなく

「このまま治らないで生活に制限がでたらどうしよう」とも思っていました。

夜は冗談抜きに電気の下では頭痛が悪化して

暗闇で横になることぐらいしかできませんでしたから。

そういった生活も決して悪くはなかったんですけど

やっぱり自由に行動できるというのはうれしいことだと思いました。


緊張型頭痛になり生活に制限ができてしまったからこそ

なんでもできる自由というのが幸せに感じます。

いや、幸せといったら大げさというか

おそらく一般の人が考えている幸せというのとはちょっと違うように思います。

幸せというより、満足といえばいいでしょうか。

普通の生活が幸せというか、満足だと思えるようになったといえばいいでしょうかね。


人間なに不自由なく暮らしていると、もっと上を求めたり

他の人が持っているものにうらやましくなりますが

体調を崩すことにより、いままでの生活が幸せだったと気づけるものなんでしょう。

緊張型頭痛になり、そういうことがわかったのはよかったのかもしれません。


人の価値観なんて人それぞれですから

なんか他の人に「その生活で十分じゃん」みたいなことをいうのも

野暮なのかもしれませんが

この世の多くの人は、幸せというかそんな感じだと思います。

やっぱり家がありがたいです。

雨よけがあるっていうのは助かります。


1日でいいから、雨の中野宿みたいなことをすれば

もっと視界が広がるのでしょうけど

さすがにそんなことをする勇気というか、根性自体がないです。


緊張型頭痛だって、だれも自分からなりたいと望んだりしませんよね。

だれもわざわざ体調を崩したいとは思わないものです。

でも、運悪く体調を崩してしまったのなら、崩した人なりに

メリットがあったりするのかもしれません。

体調を崩した経験が、その後の人生に生きてくるとでもいえばいいでしょうか。

それはあくまで自己満足の域にすぎないものなのかもしれませんが

それとは別に、人に優しくなれるようになると思います。

あとは、自分が手に入れたものをもっと大事にしたりするようになりますね。

人間どうしても、手に入れたものって時間がたつにつれて

ぞんざいに扱ってしまったりしますけど

体調を崩すことによって、ありがたみを再確認したりするものだと思いました。


まぁまた長いこと健康な状態が続けば

健康であることがあたりまえだという意識になってしまうのでしょうけどね。

人間、そこまで優秀な生き物ではないでしょうから。

むしろそこまで優秀だったのなら、体調を崩さなくても

今あるものの大切さを理解しているはずですよね。



2014-09-09 22:09 | カテゴリ:緊張型頭痛

今日、久しぶりに緊張型頭痛っぽい頭痛がでて

いやーな予感がしたので、カーヴィーダンスでもやって運動をしました。

カーヴィーダンスでぶぶんやせ

自分で適当にストレッチをするよりは100倍いいと思います。

でも、カーヴィーダンスをするより球技でもしたほうが2,3倍良いかと思います。

どうしてもテレビをみて、一緒にストレッチというのは

動きに規則性というか、体が引っ張られませんからね。


でも、自分で適当にストレッチをしたら

なにも効果がないと思うほど、体が伸びなかったりするので

適当にストレッチをするぐらいなら、カーヴィーダンスをしたほうが100倍いいと思いました。


そういう点で、緊張型頭痛に困っている人は

毎日カーヴィーダンスをすれば、結構よくなるかもしれません。


体はほぐれて、筋肉も伸びている感覚はあるのですが

緊張型頭痛をよくするだけの動きではない気がします。

筋肉は使った感があったり、疲れたりするのですが

筋肉痛になるような感じではないので

どうしても無意識のうちに体のうごきをセーブしてしまうところがあるように感じます。


でも、なんどもいいますが

1人で適当にストレッチをするよりは100倍いい

です。

というか、1人で適当にストレッチをするって

どうしても体が伸びないように感じます。

動ける範囲でしかストレッチをしないというかな。

1人で適当にストレッチをするのでも

なにもしないよりは100倍いいのですけどね。


カーヴィーダンスはほどほど疲れて

筋肉も伸びて気持ちよかったのですが

いまこうしてパソコンをしていたら、うっすら頭痛があったりするので

緊張型頭痛の頭痛をどうにかするだけの効果を求めるのなら

1日3セットとか、毎日断続してやらないと厳しいように感じます。



2014-09-08 10:34 | カテゴリ:緊張型頭痛

緊張型頭痛も最近はよくなってきて

普通の生活がおくれているのですが

やっぱり夜は電気の下でいろいろ行動すると

ちょっと頭が痛くなるようなイメージがわいてくるので

夜は12時ぐらいには寝るようにしています。

相変わらずラジオのジェットストリームを聞きながら寝ているのですが

ジェットストリームが終わってしまったときや

夜中に目が覚めて、トイレなどで起きて

再び眠りにつこうとしたときは

CDのジェットストリームを聞いています。

ジェットストリーム

なんだかんだで買いましたよ。

いい感じで眠ることができます。


で、緊張型頭痛になる前は

深夜の3時ぐらいまで起きていることもちょくちょくありましたけど

最近はさすがにそこまで起きていることはなくなりました。


たまに寝たけど、深夜に目が覚めて

そこから少しおきたりすることはありますが

夜は12時ぐらいにはベットに横になるようになりました。


生活習慣がよくなったと思うのですが

基本自分は夜型な体だったので

夜に頭が冴えていたりしたので、その時間に行動できないというのは

人生ちょっとつまらなくなってしまったようにも感じるんですが

生きているだけでももうけもの

みたいな感じなので、また緊張型頭痛の頭痛がでるよりは

夜早めに寝ることのほうを選択しています。


緊張型頭痛になって、別に生きていることへの執着みたいなものはなかったんですが

人間死にそうになると、生きたいというか

逆というか「死にたくない」というかな

死への恐怖とでもいえばいいでしょうか。

そういうものが沸くものですね。


なんで規則正しい生活をおくるようになったのかというと

やっぱり死への恐怖といえばいいでしょうか

そういうものが沸いたからだったりします。

「死ぬよりは規則正しい生活をしたほうがマシ」というかな。

いや、まさか不規則な生活から死がまっているとか思わないじゃん!


いや、死にはしないのでしょうけど

あの頭痛はかなりつらかったですからね。

脳がぷっつんしそうな状態が続いていて怖かったです。