2013-04-28 04:19 | カテゴリ:漫画・アニメ感想

闇金ウシジマ君のフリーター偏は

リアルタイムでスピリッツで立ち読みしていました。

2007年かな・・・ということで、もう6年ぐらい前ですよ。

その頃はよくスピリッツを立ち読みしていたからなぁ。


で、急にもう一度読んでみたくなったわけで

読んだわけですけど・・・。

おもしろかったです。

たしかに文句をつけようと思ったら

沢山文句をつけれそうなんですけど

素直に面白かったです。


闇金ウシジマ君は、ウシジマくんの過去話あたりのところから

見なくなってしまいましたけど

闇金ウシジマくんのフリーター偏はすごくおもしろいので

見てみるのをおすすめします。

コミックス7巻の中盤から、9巻までですね。


で、ちょっと闇金ウシジマくんのフリーター偏について語ると

なんつーか、特に感想もないんですけど・・・。

ほんと、自分はああいった話に弱いんです。

自分とだぶるっていうかな。

自分に似ているなって思います。


だから、自分もああなるんじゃないかと思ったりして

今をがんばろうと思えたりするんですけど・・・。


フリーター君偏の主人公のうついは

序盤で派遣の仕事にいって

同じ派遣仲間の年下の青年に

「あんた人生舐めてない?」

といわれるんですが、最終的には

その主人公のうついが介護みたいなところで一生懸命仕事をして

その同じ仕事をやっている介護仲間に

「給料少ないから、やめようとおもうんすけど

うついさんはどうするんですかぁ?」

みたいなことを言われるわけですね。


で、うついはもう選べれる立場でもないから続けるといって

介護の仕事だけではなく、夜もパン屋のバイトだっけかな

そういうところで働いて、全部で手取り15万ぐらいなのかな・・・。

そんな生活をおくって終わるわけですけど・・・。


やっぱり、そういう

人生を舐めている時期

って絶対あると思います。

自分はいつかどうにかなるというか

どんなにどん底でも、いつかはどうにかなるっていうかな。

そういう思いがなぜかあったりするんですよね。


でも、あるとき

どうにかなる人というのは一部の人であって

自分は本気でやらないとどうにもならない


ってことがわかるというかな。

実際、序盤でうついと同じ派遣にきていた

「あんた人生なめてない?」

と言ってた男の人は、結構なイケメンで

体力もあって、派遣の仕事もてきぱきやって

そんな派遣とかやらなくてもいい人であるはずだと思うんですよ。


でも、そんな人でさえ、派遣をやっているとか思ったら

どうみてもそれ以下な自分は、もっとがんばらないといけないって思うわけですよね。

うついも、その若い男の人に荷物とか持ってもらって

「キミはいい人だ~」

とか思っていたりしていますけど

立場は同じなわけで、「いい人だな」と思っていますけど

それはその相手の男性から「この人いい人だな」と

思われてもおかしくないというかな。


それが同じなわけでしょ?

むしろ、うついのほうが年上なんで

実際なら、そういう年下の見本になってもおかしくないわけですが

うついが、年下に対して「いい人だなぁ」と思うわけで・・・。


「自分は別のところで輝けるから

派遣の仕事では体たらくでもいい」


という考えみたいなものがあるのはしょうがないと思うんですが

その別のところで輝けるみたいな思いがなくなれば

もうそこしかないわけですよね。


実際そこなんだと思います。

最後のほうで、介護の仕事をやっていて

その同僚が「給料が少ないから、やめようと思っているんですよ」

みたいなことを、うついにいってきますけど

その人は、自分の輝ける場所が他にあると思っているから

そんなことがいえるわけで

実際他に輝ける場所がある人だっている

わけですよ。

でも、そんなのは一部の人であるわけで

実際多くの人は、今やっていることをクビになったら

他になにができるのかわからないわけで・・・

それが気づいているのか、気づいていないのかの違いだと思います。


つまり、うついは序盤は他に自分の輝けるところがあると思っていて

そういう世の中の可能性みたいなものをうっすらと感じているから

派遣の仕事という、一般でいうくだらないことを

真剣にできないのに対して

最後の介護の仕事みたいなものは

自分には、もうこれしかないというか

仕事を選んでいられる余裕もないっていうの・・・。


自分も実際そういう感じで

たしかに今までずっとなんとか平和に生きていますけど

今の生活が崩れる可能性が0とは言い切れないわけで

自分に才があるとも、どうしても思えないというか・・・。


いまから、新たになにかをするって根性まではわきませんよ。

そりゃ、死ぬ気でやらないといけないのなら

泣きながら根性入れていろいろやるかもしれませんが

ぶっちゃけ、そこまでやる根性はもう今の自分にはないです。

そう思ったら、すごく怖いですけどね。




やる気なやる夫
 うついに負けてられないわ!




【闇金ウシジマくん9巻口コミはこちら】

闇金ウシジマくん9巻・アマゾンレビュー




うーん、たしかに他の人の人生をみていると

イージーモードを生きている人がいます。


でも、自分もイージーモードを生きていられるのかどうかは

選択権がないと思っています。

つまり、他の人はイージーモードでプレイしていても

自分はハードモードの選択肢しかないのかもしれない。


だから、イージーモードと同じ感じでやっても

ハードモードの自分は、うまく行かないのはあたりまえなわけです。


でも、やっぱり序盤で派遣で一緒になった

「人生なめてない?」

の彼は、どうみてもイージーモードでしょ?

人生イージーモードの難易度で生きれるはずなのに

なぜかハードモードの人生を歩んでいるわけで


その後、うついはいろいろとハードモードの人生を生きている人たちをみたり

イージーモードの人生を生きている人たちをみたりもしますけど

結局他の人をどうとかみてもどうにもならない

わけですよね。


だから、最後の介護の仕事で

「給料低いうえに、重労働でやめようと思ってるんです」

みたいなことを言われても

うついは、もう選択肢もないから続けると

さもあたりまえにいうわけですね。


なんかそこらへんが、自分的にはよかったです。

そりゃ、うついが母親に

「俺を頼れ!」といったシーンもよかったんですが

結局そういうところではなくて

人間って、変わるというか・・・

変わるのも理由があるというか・・・

それって、なんていうの?

ただ単に、自分が気づくかどうかというか

自分の可能性のなさに気づいただけ

みたいな感じだと思いましたとさ。


ある意味、夢のない話なんですけどね。

自分には夢をみることができない人間だと思って

なにごとも本気でやるしかないとわかれば

そりゃ、くだらないと思っていた仕事だって本気になりますよね。


自分的には、そこだと思います。

そして、自分もそういうところがあったんで・・・。

実際、今が他の人から「すごい」と思われたりしたとしても

今の自分が狂ったように根性入れているから

なんとかなっているだけであって

「すごい」といってくれている人が思っているような

「楽勝楽勝」みたいな感じではないっていうかな・・・

人生そんなものですよ。


たしかに人によっては人生を

「楽勝楽勝」

と言って過ごしている人もいるでしょうし

実際、そのとおりそんなにがんばらないで

結果とか出している人もいると思います。


でも、ぎりぎりのところでなんとか今の現状があるって人もいるわけで

むしろそういうのが普通なわけですよねぇ。

そりゃ、自分だって楽してどうにかしたいです。


メイプルストーリーというオンラインゲームがありましたけど

あのゲームをプレイしている人たちは

多くの人が

「楽してどうにかできる方法がある」

と思っています。

実際、そんな感じで楽してどうにかなっている人たちが多いわけで

だからそこに属すると、そんな感じになってしまうのでしょう。

属した集団によって、民度みたいなものは簡単に落ちますからね。


ま、そういう「楽してこんなにいいところにいけました!」みたいな人だけが

残っている場なわけで、そういうのがしみついてしまうわけなんですけど。

いや、単純にあのゲームは、子供が多いゲームだったので

楽を求めていたり、人生舐めている人が多くてあたりまえだと思いますけどね。

うついだって気づいたのは35歳ですよ。

35歳まで、人生なんとかなると思っていたりしたわけです。


うついの同級生だった人が、うついのことを

フリークス(大人子供)といっていますけど

まぁそんな感じなんでしょうね。

もちろん、なにが幸せなのかはわからないわけで

うついの同級生のほうが、うついより幸せかどうかは謎ですが・・・。


自分も人生なんて、楽してどうにかなるものだと思ったりしていたんですが

実際のところは、いろいろなことに本気をだして

どうにかなる難易度だったりするわけで・・・。


そういうことに気づけば、人生結構真面目に生きるようになるというか

ノリが悪くなったのかもしれませんが

そんなものなんですよねぇ。


少なくとも、親を尊敬するようにはなるでしょ。

この生きづらい世の中で、長いこと生きているんだから・・・。

そりゃ、親は完璧ではないでしょうし

親の能力を追い抜くこともあるでしょうけど

自分がクソガキだったのに、普通に育ててくれたことは

すごいことだと思いますけどねぇ。



2013-04-27 04:34 | カテゴリ:健康生活つれづれ

ヘルシアコーヒーがどうやら

飲み合わせによっては、血圧が大きく下がってしまうと言うことで

いろいろ注目をあつめていたりするようですね。


【参考サイトはこちら】

ヘルシアコーヒーで血圧が下がってしまう副作用、花王との癒着で「注意表示なし」のトクホ許可


血圧の薬とヘルシアコーヒーの飲み合わせが悪いと言うことで

ちょっとこれは、予想外のところから来た気がします。

ヘルシアコーヒーというのはダイエット目的で飲む人がいるわけで

うーん、どうだろ。

さすがに血圧を気にしている人が、コーヒーを飲むことは少ないと思うんですが

血圧をさげる薬を飲んでいる人は、気をつけたほうがいいかもしれませんね。

実際のところはどうなのかわかりませんが・・・。

紛らわしいのは、花王が嫌いな一部の人が

過大に悪くいっていたりすることもあるので

花王の製品って、いいのか悪いのか口コミでは判断しにくいんですよねぇ。


血圧を下げる飲み物としては胡麻麦茶があり

その胡麻麦茶の副作用を心配する人がいたりしますけど

基本大丈夫かと・・・。

胡麻麦茶

お茶ですからね・・・。


そりゃー、この世に100%安全なものはありませんので

絶対大丈夫とはいえませんが

高血圧の薬を飲んでいる人なら

その薬をもらったときに、飲み合わせの悪い組み合わせは聞いているはずです。

エカード

たしか、エカードとグレープフルーツが危険というのが有名だったような。

自分の父が高血圧なんで、少し知識があったりします。


ただ、こういう薬は強引に血圧をさげる物に対して

胡麻麦茶といった製品は、ペプチドの力で

体の調子を整えて血圧を下げるものですから

胡麻麦茶は血圧を下げる飲み物として販売されていますが

それは血圧が高い人に購入してもらいたいからであり

基本健康にいい製品と考えていいと思います。

胡麻の成分を含んだお茶ということですね。


たしかに副作用が気になる人も多いと思いますが

少なくとも、血圧を下げる薬よりは副作用はでないでしょう。


むしろ、血圧を下げるエカードやアムロプレスといった薬が

副作用の危険性があるから、胡麻麦茶といったもので

血圧を下げる対策をとろうとしている人が多いわけで・・・。

胡麻麦茶の副作用の心配をするのなら

減塩生活をがんばるのに力を入れればいいと思いますね。

実際血圧を下げるのに一番いいのは

食事や普段の生活を見直すことでしょうから。




血圧を下げるトクホの飲み物としては
アミール・胡麻麦茶・プレティオあたりが有名ですね
ふむふむ




【胡麻麦茶の口コミはこちら】

胡麻麦茶口コミ




胡麻麦茶ってうまくないか?

自分としては、かなり好む味のお茶なんで

胡麻麦茶の、血圧を下げる成分はいらないので

胡麻麦茶のような味の、もっと安く手に入るお茶がほしかったりします。


実際胡麻麦茶が血圧を下げる効果があるとか言っていますけど

お茶なら、なんでも血圧は下がりそうというか

普通のお茶って健康にいい効果があると思うんですけどね。


むしろ、いろいろと効果をアピールしている

特殊なお茶のほうが、身構えてしまうような・・・。

胡麻麦茶の副作用が気になる人は、そういうところがあるのでしょうね。

そう考えると、普通のお茶が健康的には一番ということでしょうか。

その普通のお茶が、どういうお茶なのかがわからないところがありますが…。


でも、最近はいろいろな効果をアピールしているお茶がありますけど

ほんと、普通のお茶だって十分な効果があると思いますけどね。

いや、ダイエット効果のあるお茶とかもありますけど

普通のお茶だって、それを飲んでいれば普通に痩せないか?

だって、お茶って水を、茶葉でちょっと味付けしただけでしょ?



2013-04-26 02:43 | カテゴリ:ドラクエ10

ドラクエ10のキッズタイムでのプレイがおもしろいです。

なぜなら

・ゲームの難易度

・プレイタイムの制限


この2つと勝負することになるからです。


基本ゲームというのは、そのゲームの難しさだけが障害になるのですが

キッズタイムでプレイするというのは

プレイタイムの制限も加わる

ことになります。

これがなかなか熱かったりします。


昔は、そういえば親に1日ゲームは1時間だとか

2時間だとかいわれて、あせってプレイしていましたよ。

それとはちょっと違うんですが

やっぱりやることを決めてINして

やることを全部時間内にできたときは

かなり気持ちいいです。


キッズタイム内でやろうと思っていたことを

全部できたときは余韻がすごくて

ドラクエ10のプレイ終了後10分ぐらい放心状態というか

落ち着かない状態になりますからね・・・。


そんな感じで、今はレベル50になりました。

ドラクエ10

ラスボスを倒すのが目標なんで

おそらくレベル60ぐらいになれば

サポート仲間でもなんとかなると思うんですけど

どうなんでしょうね・・・。


ただ、もうキッズタイムしかプレイできないとなると

ゴールド集めがきびしいので

レベル50の武器が限界かと思っています。

そういう点では、最終武器になったのかもしれないので

もうちょっとお金を出して武器を選べばよかったです。

7万ゴールドほどあって

4万ゴールドの武器で妥協したんですが

もっと6万ほど武器につっこめばよかったと

いまさらながら思ったりしたんですが

まぁ4万ゴールだって、そうとう高いですよ!




計画通り
 キッズタイムの時間との勝負も
 自分にとっては、ちょうどいい難易度に過ぎない!




キッズタイム内でのプレイになって

さらにおもしろくなった気がします。

キッズタイムっていいわー。

月額制のオンラインゲーム自体どうかと思いますが

他のオンラインゲームもキッズタイムみたいなものがあると

もっとおもしろいと思うんですけどね。


むしろ、最近のソーシャルゲーなんかになると

そういう廃人が有利というより

1日にプレイできることが制限されていて

それを増やすために課金みたいな感じなわけで

こういうプレイタイムみたいなものは

もっとむしりとれるものだと思うんですけどね。


自分だって、もしキッズタイムがなかったら

ある程度元気玉タイムがたまったら

1000円ぐらい課金したと思いますが

キッズタイムがあるのなら、それで何とかなりそうだなぁ。

いや、むしろキッズタイムでのプレイがおもしろいような。


にしても、これもドラクエ10が

ソロでプレイできるオンラインゲーム

という点があってのことでしょうから

自分向きのゲームだったと思いました。