2016-03-23 18:03 | カテゴリ:商品レビュー

最近歯がむずがゆく、歯医者に行ったら歯医者がポンコツで

原因は「虫歯があるのかわからないが虫歯」の一点張りでした。

レジンを詰めている歯がかゆいんですよね。


なので、糸ようじでの歯周病予防を試してみようということで

100円ショップダイソーの糸ようじ。

ドンキホーテの糸ようじ(糸みがきデンタルフロスピック)。

2つ購入してみました。





2つの製品の特徴

ダイソーのほうは70本入りで108円です。

糸はポリエステルを使っています。


ドンキホーテのほうは100本入りで178円でした。

使っている糸はナイロンです。


これ、悔しいのは値段は158円となっていたのに178円とられました。

詐欺られました。

ドンキホーテは反省してください。


値段が安いのは100円ショップのほうの糸ようじです。

でも値段が高い分、ドンキホーテの糸ようじのほうが効果が高いようにも感じます。

なので両方購入して、両方使ってみました。





糸ようじ、基本変わらない

糸ようじなんて、普段使わない素人の感想です。

素人にとっては、100円ショップの糸ようじも

ドンキホーテの糸ようじも変わりませんでした。


なので100円ショップの70本入り108円の糸ようじがおすすめです。

1日1本使っても2ヶ月以上持ちます。

歯ブラシ1本200円で2ヶ月間使うより安いです。

まぁ歯ブラシは必須ですけど、糸ようじは別になくてもいいものですからね。


糸ようじを使った感想としては

糸ようじを使った歯はひりひりします。

なので歯のむずがゆさがなくなりました。

いいじゃん!


でも今度は別の歯が気になったりします。

というか、糸ようじに慣れていないので、いつか歯茎を傷めそうです。


まぁ1日1本のペースで使っていこうと思います。

もっと前から購入しておけばよかったな。





結論

糸ようじの素人は、100円ショップダイソーの

70本いり108円の糸ようじで十分!


糸ようじの使い方がうまくなったら、値段の高い糸ようじを買おう!

いきなり値段の高い糸ようじやデンタルフロスを買ってもよさがわからないかと。


これで歯がよくなればいいんですけどね。

歯医者は変な歯医者があるから気をつけろ!!

変な歯医者というか、歯がむずがゆい原因が

「虫歯」

の一点張りで、他の可能性を考えない歯医者とか話にならなかったです。


じじいがやっている歯医者だけはやめておいたほうがいいかと思います。

自分が「知覚過敏では?」みたいなことを言ったら

「???」

みたいな感じでした。

虫歯治療しかやる気がない歯医者ってあるんだなぁ…と思いましたとさ。


まぁじじいの歯医者は

「軽度の虫歯でもとにかく治療!」

みたいな人もいるってことですね。

それが間違いなわけでもないんですけど…。

歯を削られることでより虫歯になりやすくなるからなぁ。



2016-03-20 22:59 | カテゴリ:アマゾン

アマゾンレビューって単にネタバレしているだけで

「やばいな」

って思うんですけど。


ぶっちゃけアマゾンレビューをみて、ネタバレをみたから

「もういいや」

と思って買う気がなくなったものも多いですよ。


そしてアマゾンレビューって単にネタバレしているだけのものが

高評価されていたりするから、どうかしています。

まぁ結局アマゾンレビューを見る人は

その作品に触れていない人ではなく

その作品に触れた人になるので、そりゃネタバレすれば高評価になるものです。




アマゾンレビューを見ることで作品の3割はつまらなくなる

アマゾンに限らないんですけど、ネタバレってみないほうがおもしろいです。

ネタバレに限らず、事前知識0で作品に触れたほうが絶対におもしろいです。


むしろ事前知識0で不意打ち的にいい作品に出会うことで

「おもしろいな!」

って思うものなんです。


自分は最近バジリスクというアニメを見ましたけどすごくおもしろかったです。

名前は知っていましたけど、どんな作品かはまったく知りませんでした。

ベルセルクのパクリみたいなものかと思っていました。



でもバジリスクが「おもしろい」と思えたのは

事前知識がなかったからだと思います。


こういった作品は絶対に事前知識がないほうがおもしろいです。

だから作品の紹介というのはものすごく難しいものです。


その作品にほんとうに触れてほしいのなら

ネタバレはできるだけさけて、おもしろさをアピールしないといけません。


でも、アマゾンレビューは、単に作品のアピールではなくて

書き手の自己満足みたいな感じで、ネタバレ満載なので役に立たないと思います。

いや役に立たないわけではないんですが

はっきりいって、アマゾンレビューを見るだけでもう十分です。

その作品を見る必要なんてなくなります。


アマゾンレビューは気が狂っていると思います。

最近はゲーム実況動画みたいなものもあって

そこでネタバレしたりもするそうですが

アマゾンレビューもかなりネタバレしていると思いますけどね。


だから最近の作品って

クソみたいな日常系アニメ

みたいなものしかでてきませんよね。

ネタバレの仕様があまりないので…。


そんなクソみたいな日常系のアニメなのに

がんばってネタバレを書き込む人がいるので、アマゾンレビューって狂っていると思います。

まぁアマゾンを利用している人は幼いです。

プロなわけでもないです。


だから感想というより、単なるあらすじを書いているだけの人が多いのはしょうがないことだと思います。

おそらく国語の授業で

「読書感想を書いて」

と言われたら「えー」みたいな人が

アマゾンレビューでなぜかネタバレの感想を書いているのだと思います。


いや、国語の授業の感想文がいやなら

アマゾンレビューも自重すればいいと思うんですけどね。

まぁその作品が好きな気持ちと、感想文のうまさは比例しないのでしょうがないかと。


いや、ネタバレというかあらすじを書くだけで高評価ならすっごく楽ですからね。

そしてネタバレが高評価になるアマゾンレビューって怖いです。



2016-03-10 23:51 | カテゴリ:食べ物系

北海道民なら定番のカツゲン。



カツゲンについて語っていきます。


カツゲンは知れば知るほど

「うーん」

とイマイチに思える飲料です。





カツゲンは甘すぎて逆にまずい

北海道民の自分からしたら

カツゲンは甘すぎて逆にまずい

って感じです。


冷蔵庫にカツゲンが入っていたら

「だれが飲むのよ?」

と思ったりします。


カツゲン、北海道のスーパーでは1Lサイズのものが

100円でおつりがくる値段で販売されています。

だから当然のように牛乳のほうが値段が高いです。


なので牛乳の変わりに買ってくる馬鹿がいますが

はっきりいって狂っています。

カツゲンは、飲む気がないと飲むのがかなり困難です。

でも、ちゃんと飲みきっているので不思議な飲み物です。



牛乳はパンとあったり、いろいろと使い道があるので減りようがあります。

でもカツゲンは

ガチで他の食べ物とあわない

というミラクル飲料です。

主張が強すぎて、カツゲンはそのまま飲むのが一番です。




カツゲンは太る!カロリーとか関係ない

カツゲンは太ります。

うちの親がダイエットをしているのに、カツゲンを買ってきていたので

「カツゲンって太るよ」

と教えてあげたら、カツゲンのカロリーをチェックしていました。


はぁ?

カロリーで太るか痩せるか判断できるのなら世の中はもっと平和です。

カツゲンには、理屈ではない太るなにかがあるんです。

自分も子供の頃、カツゲンをよく飲んでいたら太りましたからね。


もちろん異論があって当然です。

でも自分はカツゲンは太りやすい飲み物だと思っています。

太りたい人はぜひカツゲンを飲んでみてください。


でも、太るためにカツゲンを飲んでいたら

カツゲンが嫌いになりそうなレベルです。


でもうちの親がダイエットをしているのにカツゲンを飲んでいるので

それがちゃんちゃらおかしいというか、イライラするというか

そんなことを思いました。


というかうちの親、イライラするのは

自分の前ではダイエットをしているフリして

自分がいなくなると、常に食っているんですよ!!

もうやだ。





カツゲン、受験に勝つ

てめー!!

カツゲンが「受験に勝つ」とかそんなことがパッケージに書かれています。


自分もその縁起かつぎというか、当時の自分は甘い飲み物が好きだったので

カツゲンをよく飲んでいました。


その影響でその当時結構太った気がします。

自分は身長180mlあるのですが、当時カツゲン飲みすぎて80kgになりました。

いや、カツゲンだけではなくて、いろいろ食っていたからなぁ。

カツゲンだけのせいではないです。


今現在は180mlで65kgです。

まぁ今はもうちょっと太ったほうがいいんですけど。



いや話がそれました。

カツゲンが「受験に勝つ!」とかいうから、受験生が太らないか心配です。


なんかお菓子系になると、急に受験シーズンになると

カールとかもウカールとか言って、アピールしてくるじゃないですか!

太らせる気かよ!!


まぁでも、受験生は縁起をかついで、ついついそういうものを買ってしまいますよね。

メーカーとしては、単なる商品を売るための作戦の1つでしかないところが

いまさらながらイラッとします。

自分はカールは買いませんでしたけどね。

当時はウカールとかなかった気がしますけど。


カツゲンも、そんな受験に勝つとかあったっけかな?

なかったかもしれません。


まぁ自分も最近ボケてきているので、勘違いだったらすいません。

でも最近は間違いなく

「受験に勝つ(ゲン)」

みたいな感じでアピールしていますけどね。



そんな北海道民に愛されているカツゲンでした。

北海道民はカツゲンを紹介するときは魅力的に紹介しますけど

カツゲンそんなに買わないから!!


カツゲン買うときは、値段が安すぎて

「安さに負けた」

みたいなときだから!!


そしてカツゲン飲んで

「甘すぎるんだよなぁ。こんちくしょー」

とか思って1L飲んでいるから!!


うちの親はダイエットしているのに、気が狂ったようにカツゲン飲んでいるから!!

どうかしています。

そんな感じで、なんだかんだでカツゲンって愛されているんです。