2017-05-30 22:48 | カテゴリ:健康生活つれづれ

思い込みが激しい人っているわけで。

そういう人と、自分は結構関わってきているのでなんとなくわかるんですけど。


思い込みが激しいっていうのは、なんでもないものをプラスにしたりマイナスにすることができます。

たとえば、今履いている靴。

これに良いイメージを抱いていれば0のものを100にすることができます。

逆に悪いイメージを抱いていれば0のものをマイナス100にすることができるわけです。


用は靴がどうとかという話ではないんです。

本人の思い込みが激しいところから、その靴の良し悪しが決まってくるわけ。


また別の例を出すと、外食をしたりするとして。

まぁ回転寿司に行くとします。

で、その回転寿司に対してどういうことを思っているのかでおいしさが変わってくるわけです。

「ここの回転寿司はおいしい!」

と思っているのなら、おいしく感じます。


逆に

「ここの回転寿司はおいしくなさそう」

と思っていると、おいしくなく感じます。


つまり結果があってそこから思い込むのではなく

思い込みが激しい人は、思い込みからの結果が待っているわけですね。


平坦な道でも

「この道は危険がいっぱい」

だと思っていると、勝手にふらふらして事故りそうになるわけです。




思い込みが激しい原因と理由

思い込みが激しい人の原因と理由は、そういう人だからです。

これはもって生まれた資質みたいなものなんだと思います。


でもそういうのは誰にでもあるものです。

アニメのサクラダリセットは意味不明だったんですけど、こんなことを言っていました。

「小石に恋することはできる?」

みたいなことを。


普通に考えれば、小石に恋をする人なんて、おじゃる丸のカズマぐらいでしょ。

でもその小石が、好いていた人が小石に変えられた姿だったら…。

となると、まぁ話が変わってくるわけで。


逆だったかな。とある人が好きかどうかで

その人を好きだったとしても、その好きな人が小石に変えられても好きでいられるかって話だったかな。

まぁご飯を食べながらぼーっとみていたので、よく覚えていないんですけど。

結局そんなもので。


ただの小石だったとしても、それが

「自分の好いていた人の変えられた姿」

だと思えば、小石でも思えることが可能というかな。


こう言ったら、宗教みたいなものに怒られるかもしれませんけど。

宗教なんていうもものは、そんなものなのかもしれませんね。

思い込みが激しい人ほど、宗教の力を高く感じるのだと思います。




原因は他人の言葉

結局思い込みが激しいのは他人の言葉を信じたり、そういうことが根にあったりするのだと思います。


古い人は、なぜかフライパンを洗うことに抵抗があったりします。

フライパンを洗うと

「コーティングが落ちる」

なんて思っていて、フライパンを洗わない人もいます。


でもそんなのは鉄鍋のフライパンぐらいにしかいえないことで。

フライパンを洗わなければ普通に劣化スピードが速まります。


でも、フライパンを

「洗ったらよくない」

と思い込んでいる人にとっては、どうしてもフライパンを洗うということに抵抗があるわけです。


じゃあ、その

「フライパンを洗ったらよくない」

というのをどこで知ったのか?

やっぱりこれは、噂話というか、他人の言葉に過ぎないのだと思います。


そして、これは2人で話していても答えは出ないです。

Aが「フライパンは洗ったほうがいい」

Bが「フライパンは洗わないほうがいい」

と言っていたら、結局言い合いになるだけで、どちらが正しいのかなんて証明できないですよね。

むしろフライパンは洗わないほうがいいなんて、間違った人がもう1人来ると

フライパンは洗わないほうが長持ちするという間違った認識が、正しい認識を上回るわけです。


思い込みが激しい人は

「自分の言っていることが正しい」

「自分の言っていることが常識」

と思っているところがあります。

まぁだから、テレビなんかで

「フライパンは洗ったほうがいい」

なんて言っているのをみると、すぐに

「あぁ、間違っていた」

と気づきますけど、人と人とで言い争っていれば、それは絶対に改善できないものです。


思い込みが激しい人は、とにかく厄介です。

イライラさせられることも多いです。

ただ、それで暴力を奮うと結局刑務所行きなので…。

そういう人とは関わらないのが一番ってことです。


こちらが正しいことを言っていたとしても、思い込みが激しい人にはなにを言っても無駄ですからね…。

ネットにも人工甘味料や中国産の食べ物が毒レベルに考えている人がいます。


もちろんそれが間違いだと言い切ることはできないと思いますけど。

そういう人たちは、外食をした後、毒にやられていいと思うんですけどね。

結局頭でそう思っているだけで、人工甘味料や中国産が含まれているのかどうかわからないと

なにもわからないというか、気づきもしないレベルだと思うんですけどね。


でもそれに気づいた瞬間

「あぁ、あれ中国産だからまずかった」

とか

「人工甘味料のせいで、下痢になった」

とかなるわけです。

ようは思い込みが激しいっていうのは、知らなければなんともないんですけど。

知ることで、0のものが毒にもなりえるってことなんですよねぇ。




2017-05-30 00:56 | カテゴリ:その他もろもろ

自分は外食ってあまり好まないんですよ。

やっぱり極度の人見知りというか、大勢で食べるというのは落ち着かないので。

なんていうか、1人で食べないと落ち着かないんですよね。

肉

んで、焼肉バイキングとかは我が家は昔は結構言っていたんですけど。

なんか肉の味もよくわからないというか。

食べ放題とかになると、てきとうに肉を焼いて乱雑に食べていたりして。

味がわからないというか、とにかく肉を食うということだけに集中して

なにがなんだかよくわからないよ!


でも家で肉を焼いても、自分はそんなところがあるので…。

なんか肉好きなんですけど、肉のうまみがよくわかっていないんじゃないかと思ったりしました。

今、気づいたわ!




外食はなんでもうまく感じる

自分は家では結構薄味というか、食べ物を味わって食べるので

味の良し悪しをいろいろ考えたりするんですけど。

でも店屋で食べると、味覚がおおざっぱになってなんでも美味しく感じます。

ラーメン

ぶっちゃけおいしく食べているのだからそれでいいんですけど。

なんか自分の中では納得できないというか

「別にそこまでうまいものでもないけど、外食のせいでおいしく感じる」

っていうのが、なんかもやっとするわけです。


なので、自分は持ち帰りできるものは持ち帰りにして

家で食べることで

「これはおいしい」

「これはもう食べなくていい」

みたいなものを判断したりしています。

出来立ての関係もあるのかもしれませんけど。

店屋で食べるとおいしく感じるのに、家で食べるとそこまで感動がないものも多いですね。




家焼肉はどうなのか?

自分的には外食といえば肉のイメージが強いので。

家で焼肉をするっていうのは、どうなのかと思ったりします。

肉

頻繁に家で焼肉もどきというか、なんちゃって豚丼というか

単に豚肉焼いただけのものをおかずにしたりしていたりするんですけど。

あ、上の画像のものは牛肉ですけど。


なんかあれだ。

やっぱり焼肉店の焼肉と、家での焼肉はなんか違いますね。

豚肉

外食店での焼肉は、焼肉がメインなんですよ。

つまり焼肉が主食。


でも家での焼肉は、焼肉がメインではなく

あくまでも肉はおかずって感じかなぁ。

肉

で、どちらがおいしいのかというと。


なんかぶっちゃけ、家で肉を焼いて食べたほうがやっぱり上な気がします。

店屋の肉はおいしい気がしますけど。

なにかが違うというか。

肉のありがたみがない気がします。


うまくいえませんけど、自分でスーパーで肉を選んでそれを買って

家で焼いて食べるってところまでやって、実感があるというかな。


店屋で肉を選んだり、注文したりで食べるというのは

重みがないというか、どうしても乱雑に食べてしまいますね。

ラーメンのチャーシューなんかも、店屋がこだわっていても

こちらとしては、そのこだわりなんてわからないから、普通に食べて

「うまうま」

みたいなことしか思わないっていうかな。


別にグルメを気取りたいわけではなく。

外食っておいしいんですけど、なにが大事なものが欠けている気がします。

王将

王将の焼飯なんかも、普通においしいですけど。


家で残った米をシャンタンを使って自分で作ったほうが

「うめーな」

と思えることができるというかな。

シャンタン

外食ってうまくてあたりまえ。

でも家で作るものが、外食を超えたらミラクルじゃないですか。


その分、家で外食並みのものができたときにうれしさがあるというかな。

まぁやっぱり外食って苦手です。

貧乏性なのか、食べたいものを注文できず、値段を気にするところがあるからなのかもしれません。

これは母親の呪縛だと思います。

うちの母は、値段がすべてですからね。


スーパーで食べたくなくても、賞味期限わずかで半額になった弁当や菓子パンとかよく買ってきますから。

なんかそういうのがあるから、自分も外食が苦手なのかもしれません。


もうだから、うちの母が回転寿司とか行きたがるのですが

自分はいやな予感しかしないので、自分は回転寿司とか行かないですね。

くそ!くそ!!

母親の呪縛だわ。


自分が外食苦手なのは母親の影響だったか。

今気づいたわ。


なんかここ最近は外食しても、腹がいっぱいにならず。

家に帰ってきてから、なにか食べたりしたりするので、それもやっかいです。

いや、食べ放題バイキングみたいなものなら話は別ですけど。

注文してそれを食べるみたいなものでは、家に帰ってきてから

「もう少し食べたいな」

みたいになって、少し食べている気がします。


外食の俺は、なんか味わっているとかではなく作業をしているっていうの?

無で食っているんだよなぁ。

普通外食というのはおいしいものを味わうために食べると思うんですけど。

なんか自分は外食では無というか、味覚が0になって、料理をなくすために食べているっていうかな。

でも人間そんなものだと思いますけどねぇ。


今の外食は経験を楽しむというかな

「あそこの店で食事をした」

っていうステータス欲しさで食事する人が多いと思いますけどねぇ。

なんどもリピートして食べたいって思わせる店なんて少ないというか

いろいろな食べ物があるのなら、いろいろ注文するためにリピートしますけど。

リピートする外食店って、そうとうコストパフォーマンスがよくないとありえない気がしますねぇ。



2017-05-14 21:31 | カテゴリ:その他もろもろ

ウィンドウズ7のアップデートが終わらない症状が続いていたんですよね。

だからここ最近はアップデート自体停止していたんですけど。

「さすがにやばいかなぁ」

と思って、いろいろネットで検索したら、ついに終わりました。



アップデート

アップデート



マジ感動!

0%から進む日が来るとは思いませんでした!!


2016年11月にアップデートが失敗して

2017年5月までずっとアップデートしないでここまできました。

こんなのだから、メイプルストーリーやらドラクエ10など

オンラインゲームでパス抜き&不正ログインを3,4回されるわけなのかもしれませんけど…。


でも、ほんとその当時、ネットでいくら検索しても

有益な情報がでてこなかったんですよ。

でも今回は有益な情報を得ることができて、感動しました。




解決してくれたサイトを紹介

で、このアップデートの方法を教えてくれたサイトを紹介します。

【これだ】

Windows7で更新プログラムの確認が終わらない


ほんとさぁ。

ここ最近ネイバーまとめとかゴミサイトとかばかりで

「ネット終わってんな!」

とか思っていたんですけど。

久しぶりに有益な情報を得られた感がありましたねぇ。


ほんと、ネットで一番有益な情報を出しているのが自分じゃないかとか思っていましたけど。
(意識過剰すぎだろ!)

ここのサイトのこの人には負けたわ。



ほんとネットの住民が、この人ぐらい

有益な情報をばら撒いてくれていたら…。

自分の居場所がなくなるので、やばいので。

やっぱりネット民とかゴミだらけでOK。


まぁ自分がネットででかい顔できるというか。

自分のサイトがなんとかやっていられるのって

ネットの住民がゴミばかりだからなところがあると思うので。

そう思うと、ネイバーまとめにも感謝…するはずないだろ!

何回記事や画像をパクられているんだか。



そんな感じでウィンドウズ7のアップデートが終わらない人は

自分が紹介したページのところどおりにやればたぶんできるかと。


他にもウィンドウズ7のアップデートが終わらない改善方法を紹介しているサイトがありますけど。

なんかイマイチぱっとしないものばかりだと思います。

自分が紹介したサイトが一番わかりやすかったというか。

自分はそのサイトがなかったら、たぶん無理だったわけですよ!

ほんとそのサイト以外のサイトはなくなっても良いレベルだと思いますけどねぇ。

だって他の紹介しているサイトのやりかたやってもできなかったわけで2016年11月燃え尽きて諦めたわけですからね。


ほんと今回チェックしたサイトには感謝感謝だわ。

ほんとネットの情報で感謝するってことは。

ずいぶん久しぶりな気がするなぁ。