2017-02-25 21:27 | カテゴリ:その他もろもろ

人間ってどうしても、値段が安いものと、値段が高いものでは

値段が高いもののほうがいいものに感じます。


まぁ値段が高いっていうのも大事なことであって

もし誰かにお土産やらプレゼント、お詫びの品をあげるとなると

どんなにいいものでも、値段の安いものより

なんかよくわからなくても、それなりの値段の物のほうが適しています。


でも実際自分で使うとなると、値段なんてどうでもよくて

自分好みのものを使えばいいわけで、たまに

「値段に騙された」

となって、枕を涙で濡らすことがあります。

そんなに!?

そんなに悔しいの!?




芸術作品は特に怪しい

昔スーパーファミコンのゲームで、信長の野望とか

ダービースタリオンとかすごく値段が高くありませんでした?

でもそれらのゲームがおもしろいってわけでもないんですよね。


でもこの値段が高い=おもしろいなんてことを思っていると

「このゲーム、値段が高いからおもしろいんだろうなぁ」

と思って、がっかりすることになります。

まぁダビスタにはハマりましたけど、信長の野望はおもしろさがわかりませんでした。



そんな感じで、値段が高いものがいいとは限らないんです。

お寿司でも、板前の寿司が、回転寿司よりおいしいとは限らないです。

そもそも寿司自体が、そんなにうまくもないでしょ。


いや、まずくはないんですけど。

値段を考えると、寿司ほどコストパフォーマンスが悪い食べ物もめずらしいと思いますね。

回転寿司でも1人1000円ぐらいでしょ?

1人1000円もあれば、どれだけうまいものを食えるかって話ですよ。




人間失敗して勉強する

自分もちょくちょく値段の高いものを買って

「くそ、ぼったくられたわ」

と思うこともがありますけど。


そういうのも勉強だと思って、まぁ今現在生きています。

結局安いもののほうがいいんですよ。


糸ようじだって、100円ショップの糸ようじが最高ですし。

糸ようじ

でもこういうのは結局好みがありますから。

やっぱり値段の高いもののほうがよく感じる人もいます。


でも値段をみないで、選ぶのなら、値段の安いもののほうが

「質が上に感じる」

と判断する人も多いと思います。


値段というのは、先に知って購入するからいけません。

だから値段を知らないで、食べるものとかは、なんつーか判断しにくいですよねぇ。


値段を知らないで、食べ物をぱくぱく食べて、後から値段を知って

「え?さっきのってそんなに値段が高かったの?」

とびっくりしたりすることも多いと思います。


つーか、ルマンド安すぎじゃね?

ルマンド

だってルマンドの値段を知らなかったら

「これ、高級お菓子でしょ?」

という人たくさんいるでしょ。

むしろルマンドが高級お菓子ではないと判断できる人のほうがすげーわ。


そのルマンドが1袋100円ちょっとで買えるわけですよ。

1本10円以下ってやばくね?


三方六とか、どうかしている値段でしょ。

三方六

たしかに三方六1本と、ルマンド1袋だったら

三方六1本のほうが値段が高く感じますけど。


三方六1本と、ルマンド5袋ぐらいと比較したら

「ルマンドこんなにあったら、すごいお金かかっているんじゃない?」

って気にさせるところがやばいです。

ルマンド

ルマンド

まぁでも値段で判断しますから。

やっぱりルマンドは庶民のお菓子でしかないんですよねぇ。


お詫びの品として、ルマンドを持っていったら

「おまえ、ふざけているのか?」

といわれて、逆にいろいろ話がこじれそうなレベルですよね。