2017-09-12 23:22 | カテゴリ:メイプルつれづれ
メイプルストーリーを一時期よくやっていました。

まぁ今思うと、メイプルストーリーにかなりハマっていて

今ではまったくしなくなったんですけど。


やってよかったと思っています。

むしろ今でもやりたいんですけど、1点の点でできないです。

その1点が

【高確率でパス抜きされる】

という点です。


むしろメイプルストーリーをやるのなら

パス抜きされても良い感じでやらないといけないですね。

新しいメールアドレスを取得して、メイプル専用メールアドレスにして

セキュリティを完璧にして…。

むしろメイプル専用パソコンがないと、不安になるレベルです。

そのぐらい、メイプルストーリーといえば、パス抜きレベルが高すぎるというか。

なんでオンラインゲームってこんなにパス抜きに命を賭けているのか謎です。

やっぱり逃げ切れるからなのかなぁ…。





メイプルストーリーでネット民のあれこれを知る

自分は今では、まったくオンラインゲームというか

マルチプレイみたいなことはしないんです。


ソロゲーとか、サイトとかでも、自分がこうして話しっぱなしみたいな感じですね。

チャットというか、メールというか、そういうものでも苦手というか

ほとんどしませんね。


それはメイプルストーリーでかなりやったからだと思います。

メイプルストーリーは良い人が多かったですけど。

やっぱり一部の人は

「あれ?なんかやばい?」

みたいな感じがあって、どうしてもそういう人が目立つわけですね。


だから、自分も当時はブログをバリバリやっていましたけど。

自分のブログ内容も、結構ひどかったですけど。

「そんなにあーだこーだ言わなくてもいいじゃん」

ってところがありましたね。


たとえば、更新たくさんしたら

「中身がない更新するぐらいなら、時間をかけて1つ良い記事を作れ」

みたいな感じのコメントがありましたけど。



えええええ?

余計なお世話じゃね?

いや、今なら結構笑えますけど。

当時は、自分もメイプルブログをがんばっていたわけで

沢山更新したら

「1つの記事の質をあげろ」

みたいな感じのコメントがあって、うーんというか、ショックを受けましたね。


でも普通に考えれば、やっぱりそういう人って特殊だと思いますし。

でも特殊な人ほど、そうやってコメントで前にでてきてしまうわけですよね。


だから少数なんですけど、そういう人が目立つのがネットというのにはあると思いました。

沢山の人が

「がんばって」

とか

「おもしろい」

とか言ってくれるわけですけど。

やっぱりそういうのは、スルーできてしまうというか

あまり心に残らないというか、いちいちプロ野球選手とかも

「がんばってくださーい!」

とか言われたことを、ずっと心に残しておいたらパンクしちゃうでしょ。


でもやっぱりプロ野球選手に対して

「このやろー!」

な感じで、水をぶっかけたりする変人がいたら、その人は記憶に残りますよね。

まぁそんな感じのところがありましたけど。

でもそういうのもメイプルストーリーの魅力だった気がしないでもないです。





メイプルストーリーの終わりとは?

結局自分はメイプルストーリーとか最高レベルが120台だった気がします。

4次転職をして、そこで止まったんですけど。

それはずいぶん初期のメイプルストーリーだったんですよ。


そこから、いろいろとレベル上げ以外の感じで、だらだらとメイプルと付き合いました。

まぁそして、やることやったというか。

今思っても、よくそんなにやったと思ったりします。

なのでもうメイプルストーリーをやって、やりたいこととかも思いつかないんですけど。


結局メイプルストーリーというか、オンラインゲームなんていうものはそんなものだと思いました。

自分で目標というか、そういうのを決めて、モチベーションを保つというかな。

人によってはフレンドとのチャットが楽しいという癒しだったりするところもあると思います。


オンラインゲームだから、アップデートなどでクエストが追加されたり

レベルの上限が解放されたりするので、終わりだと思っても、その先ができたりもするのだと思います。


だから、まぁそういう感じで。

結局なんか知らないけど、メイプルストーリーをやめて

再びやりたいこともないんですけど。


沢山やって思い出があるゲームゆえに、やりたいことがないのに

「再びやろうかな」

とか思ったりするんですけど。

どうしてもパス抜きの一件だけがやっかいで。

できないですねぇ。





サイト作成のテンション

あ、メイプルストーリーでいろいろやったことが現在の自分にも生きている気がします。

というか当時ってメイプルブログは活き活きと記事を書けたのに

その他のことになると、なんか息苦しい感じでしか記事を書けなかったんですよ。


でも最近はそういうのをぶちやぶって、どんな記事でもメイプル記事みたいなテンションで記事を書けるのは

メイプルストーリーで記事を書いたときに、調子が良い体験っていうの?

そういうのを味わったからだと思います。


もしメイプルブログとかやっていなかったら、自分にとっては

「サイトで記事を書くというのはつらいことでしかない」

って感じだったと思いますけど。

メイプルブログで記事を作成するときに、なんかテンションがあがったりしたわけで

「チョリース!」

なわけですね。


あ、「あいまいみー」のほうのチョリース!ね。



というか

「チョリース」

ってなんだろ?

と思って検索したら、木下ゆきなっていうの?

そのひとがでてきて、自分が木下ゆきなのファンなんじゃね?

とか思われたら嫌だから、わざわざこうやって書かないといけなくなった罠。



まぁサイト作りって、多くの人からしたら

「めんどくさい」

とか

「大変」

とかなんですけど。

そういうのをぶちやぶることが可能だと知ったのはメイプルブログのおかげだったかな。


だから読書感想文とかもそうだと思いますけど。

「めんどくさいなぁ」

とか思っている人は、殻に閉じこもっているからだと思うんです。


たとえば、走れメロスとか自分が感想文を今書くとすれば

「いや、無理だから!

スタミナとか限界あるから!!

そんなに走れるのなら、みんなマラソンで金メダルとれるから!」

みたいな感じで書きますよ。


「セリヌンティウスの弟子とか、カメラ意識しているだろ!」

とか書きますから。


でもそういうぶっちゃけたというか、そういう感じで書けないから

読書感想文というか、サイト作成って大変に思ったりするわけですよね。


だから当時から自分はメイプルブログとか書いていて

そういうテンションあがったような感じで記事をかけたのに

なぜか他の話題になると、急に窮屈になっていたわけです。


でもメイプルブログを離れて、まぁ他のところでだらだらと記事を書きまくって。

やっと他の話題でも、メイプルブログっぽいテンションで記事を書けるようになりましたね。

だから、なんとなくサイト作りが楽しくなりました。

これもやっぱりメイプルブログのおかげだと思います。

よっぽど大学とか行くより、メイプルブログを更新していた経験のほうが自分のためになったと思っています。